2022年夏・参院選

大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい1/3ページ

その他の写真を見る (1/6枚)

参院選(7月10日投開票)は公示から1週間が経過し、全国各地で舌戦が激しさを増している。報道各社による序盤の情勢分析では「自公与党の優勢」が伝えられているが、「物価高」や「電力逼迫(ひっぱく)」「防衛事務次官人事」などへの不満・不信もあり、岸田文雄内閣の支持率が急落している。今後、野党の盛り返しはあるのか。著名・注目候補の当落は―。中盤戦を迎え、選挙分析に定評のある選挙プランナーの松田馨氏に、全国12激戦区の情勢を洗い出してもらった。

「大切なことは『自分の国は自分で守る』こと。意思と能力がなければ、日米同盟があっても米国が代わりに戦うわけではありません」「『外交』と『防衛』は車の両輪です。よりよい外交をするためにも防衛力を強化します」

自民党現職の松川るい氏(51)は28日午後、大阪府河内長野市での街頭演説で、聴衆にこう訴えた。

軍事的覇権拡大を進める中国、ウクライナに侵攻したロシア、核・ミサイル開発を加速する北朝鮮に囲まれ、日本の安全保障環境は日々厳しさを増している。松川氏は、自民党が公約に掲げた防衛費のGDP(国内総生産)比2%以上の重要性も説いた。

大阪選挙区は、改選定数4人に18人が立候補した全国屈指の激戦区。地元の日本維新の会が2012年の結党以来、圧倒的な強さを誇っている。同党の松井一郎代表も「われわれは大阪で実績がある。他党の攻勢も受けて立つ」と意気込み、高木佳保里氏(49)と浅田均氏(71)の現職2人を擁立した。

一方、自民党は昨年の衆院選で、候補者を立てた大阪の15選挙区で全敗した。16年の初陣でトップ当選を果たした松川氏の危機感は強い。

この日、松川氏の応援に安倍晋三元首相が駆け付けた。

安倍氏はまず、「大阪の自民党を復活させる、のろしを上げる選挙だ」とぶち上げた。安全保障政策や憲法改正を熱弁し、「日本を守るため命を懸けて戦うのは自衛隊の皆さんだが、憲法には明記されていない。(左派勢力は)『憲法違反』と言いながら、いざというときは頑張ってもらうというのはおかしい。この状況を変えていかなければならない」と訴えた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「コウモリ外交」支える功利的な国民精神 つかえる強国が2つ、韓国が採るべき対応とは 半導体同盟の予備会談参加は「米国説得のため」か

  2. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  3. 「大谷放出」交渉の舞台裏 今夏のトレード期限までには不成立だったが…複数球団が真剣オファー、来季オフのFA前に大型長期契約あるか

  4. 小島瑠璃子〝大陸無双〟の野望 来年から中国に語学留学 締め付け厳しい中国芸能界でもメリット大

  5. 【松井一郎 維新伝心】ペロシ氏訪台と「安倍元首相の遺志」 維新代表選は〝筋書きのないドラマ〟 内閣改造「旧統一教会隠し」目先の支持率回復ではダメ

  6. 【岩本勉 どの口が言うとんねん】パ・リーグ空前の混戦! 抜け出すのは「美味しくハムを食べた」チーム?

  7. 猛暑でレールが曲がる事態も JR北海道でかつて運行された「散水車」が必要になるかもしれない

  8. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ