猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?1/2ページ

高温下でのスマホ操作にはご注意を(写真はイメージ)
高温下でのスマホ操作にはご注意を(写真はイメージ)

関東地方で最高気温40度を超えるなど狂乱猛暑が続くが、熱中症の危険性があるのは人間だけではない。スマートフォンを高温下で利用した場合、端末に異常が生じ、最悪の場合は発火に至る「スマホ熱中症」を引き起こすというのだ。警戒するポイントや対処法を専門家に聞いた。

スマホが適応できる周辺温度について、iPhone(アイフォーン)を手掛ける米アップルは、一般的に保管時には「マイナス20度からプラス45度」、操作中は「0~35度」としている。

多くのスマホは端末の高温を自動検知し、ユーザーに警告する機能を備えており、冷却措置として大半の機能を制限する仕組みがある。

ただ、真夏はスマホの適応温度を上回るような場所が少なくない。

中古スマホ買い取りサイト「みんなのスマホ」などを運営するニューズドテック(東京都千代田区)と電気通信大学は昨年8月、「炎天下での〝スマホ熱中症〟調査」の結果を発表した。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  7. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  8. 【青山真治の世界 リアルを探求】初のミステリー作品に薬師丸ひろ子念願の出演 裸の死体役は一瞬、小西真奈美に見えるが…「レイクサイドマーダーケース」(2005年)

  9. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

  10. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ