維新伝心

「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を1/2ページ

経済産業省庁舎では節電のためエレベーターが停止された=27日午後 岸田首相
経済産業省庁舎では節電のためエレベーターが停止された=27日午後 岸田首相

参院選(7月10日投開票)の公示から1週間が過ぎた。私は北海道から九州まで、公示前も含めて応援に駆け回っているが、多くの方々が2年半のコロナ禍での生活に疲れ果て、最近の異常な物価高に苦しんでいると感じている。「はっきり言って、選挙どころじゃない」と言われた有権者もいた。

こうしたなか、岸田文雄内閣の支持率が急落しているという。

岸田首相
岸田首相

毎日新聞の特別世論調査(25~26日実施)によると、内閣支持率は41%で、5月21日実施の調査から12ポイントも下落。読売新聞の世論調査(22~23日実施)でも、支持率は57%で、3~5日の前回調査から7ポイント落ちていた。

最大の原因は、党首討論会ではっきりした、岸田首相(自民党総裁)の「煮え切らない態度」ではないか。

例えば、政府はエネルギー価格上昇に伴う負担軽減策として、節電をした家庭に2000円相当のポイントを付与する「節電ポイント」を打ち出したが、これは「愚策」と言うしかない。

これだけ電気代が上がれば、国民は仕方なく節電する。暑い夏を迎えて政府が果たすべき責任はポイント付与ではなく、安価で安定した電気を供給することである。電気代高騰や電力逼迫(ひっぱく)は企業活動の足を引っ張り、国民の命にかかわる。安全性が確認された原発の再稼働を加速すべきだが、岸田首相は明確に回答しない。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ