高須基一朗の“瞬刊”芸能

大河内奈々子が明かした〝華のある〟近況 45歳の誕生日にはボブヘアのショットを披露し「年を重ねてもきれい」の声が相次ぐ1/2ページ

美しさも健在だ
美しさも健在だ

27日放送の「ポップUP!」(フジテレビ系)で、女優の大河内奈々子(45)が近況を語り、注目を集めている。

出産後、子育てと女優業の両立に奮闘してきたという。脚本家で俳優の宅間孝行と結婚し2008年に男児を出産。12年に離婚し、14年には一般人と再婚している。

だが、理想と現実のギャップに悩んだ時期もあったようで、次々と登場する若手の実力派女優たちに追われる立場の不安も隠さず吐露した。結果、女優業一本では厳しいと判断して、以前から好きだった花に目を向けた。15年にフラワースタイリストとしての道を歩み始めたという。

これが天職だったようで、コツコツ実績を積み上げ顧客を獲得し、確固たる地位を築いている。花の世界では華道家が幅を利かせてきたが、現在では海外からも多くの植物が輸入されている。扱う花の種類やアレンジの仕方により、いけばな作家、挿花家、花師など自由な肩書で〝花の美〟が広がっている。街の花屋さんも目的や予算に応じて花束をアレンジするようになった。感性で勝負するフラワースタイリストの出番が増えている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  2. コロナは「ただの風邪」ではない 米研究では「2回以上感染で死亡リスク2倍」のデータも

  3. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

  4. 奈良県警の〝ザル〟警護、実態が明らかに 安倍氏背後に警護員不在、1発目発射まで誰も気づかず

  5. 「4日間できるのがうれし過ぎる」耐えた渋野日向子 山下美夢有「まさか」5位浮上 畑岡奈紗、堀琴音も予選突破 AIG全英女子オープン

  6. 【勝負師たちの系譜】70期になった王座戦 藤井への追撃として落とせない五番勝負

  7. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  8. 高須院長、町山智浩氏・香山リカ氏・津田大介氏を刑事告発 大村知事リコール「署名で個人情報漏洩」デマで

  9. 高橋一生と飯豊まりえの熱愛報道 17歳年の差よりファンが気になる『岸辺露伴は動かない』の続編どうなる?

  10. 【玉ちゃんの酔滸伝】〝天国に一番近いスナック〟が閉店 冷気というよりも霊気のようなものが感じられる

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ