アイドルSEXY列伝

あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度1/2ページ

1991年2月発売のあいだももの写真集「SUPERIOR BODY」(大洋図書、佐藤健撮影)は「伝説的女優のヒット本」なので取り扱い価格は2800円。東京・神田神保町の荒魂書店(03・3291・8831)
1991年2月発売のあいだももの写真集「SUPERIOR BODY」(大洋図書、佐藤健撮影)は「伝説的女優のヒット本」なので取り扱い価格は2800円。東京・神田神保町の荒魂書店(03・3291・8831)

現役AV女優の多くから「撮影が中止になった」「困っている」との声が上がっているAV新法(AV出演被害防止・救済法)。

出演被害が出ているのは、契約書どころか、法律も無視して撮影している個人撮影、いわゆる同人AVです。

しかし、審査団体に加盟し、審査済の映像を販売、配信している適正AVメーカーも同類である、としたことで現場は大混乱しています。

出版系には直接的な影響はないと思いましたが、一部メーカーから前パブNGの連絡がありました。

前パブとは発売前のパブリシティー。発売前にメーカーから提供された画像などを使って作品レビュー、女優紹介をすること。

おそらく、撮影から公表まで4カ月ルールで、発売日直前の契約解除を危惧しての対応でしょう。ただ、4カ月はもちろん発売後も契約解除は無条件で可能です。

となると、紙媒体(新聞、雑誌)だと、掲載直前に契約解除されても物理的に差し替えが不可能の場合もありうる。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「政界屈指の親中派」林外相の留任は地雷か 岸田首相が茂木氏らと人事協議 識者「適任でない」「保守層離れる」

  2. 岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」で焦点になる「旧統一教会と関係深い安倍派」の処遇

  3. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  4. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  5. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  6. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  7. 【勝負師たちの系譜】70期になった王座戦 藤井への追撃として落とせない五番勝負

  8. 中国、台湾周辺での大規模演習終える ペロシ米下院議長の訪台に反発 尖閣周辺でも領海侵入…エスカレートする威嚇行動

  9. 【心肺停止の中国】中国経済の〝ゾンビ状態〟さらに悪化 若者の失業率40%超、住宅ローンの債務残高960兆円 地方のショッピングモールでは売り子があくび

  10. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】女優・島田陽子さん、女優ゆえの葛藤ならせつない 医師からは人工肛門の増設を勧められたが拒否

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ