芸能人〝引き際〟の美学 加山雄三も吉田拓郎も引退宣言 社会的な責任、見せたくても見せられない人も1/2ページ

加山雄三
加山雄三

芸能人が自らの〝引き際〟を見極めようとするケースが相次いでいる。コンサートからの引退、最後のテレビ出演…。そこにはその人なりの〝美学〟があるのだろう。芸能文化評論家の肥留間正明氏が〝引き際〟のあり方に迫る。

まだやれる、十分に力がある。それでも、下位力士に負けると、地位と名誉を守るために土俵を去る。これぞ横綱の引き際だ。

このほどコンサート活動の停止を公表した加山雄三(85)、最後のテレビ出演を表明した吉田拓郎(76)はまさに引き際の美学といえる。2人にはまだ十分に力が残っているからこそ、これが大事なのだ。

吉田拓郎
吉田拓郎

加山は、これまで年齢を感じさせることはなかった。芸能活動をやめるわけではないが、9月の東京国際フォーラムを最後に舞台から去る。85歳になっても疑いのない健全さを保つ若大将。それでも、動きが求められる舞台に年齢的な体力の限界を感じたのだろう。

一方の拓郎。この人ほど人間と世間に戦い続けた歌手はいない。1970年代のフォークブームを牽引(けんいん)し、ニューミュージックの世界を構築してきた。井上陽水、小室等、泉谷しげるとフォーライフレコードを創立。歌手が経営に参加する画期的な生き方を実践し、レコード会社のあり方に一石を投じた。

加山雄三や吉田拓郎の背中をみて、桑田佳祐はさらに前へと進むだろう

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「政界屈指の親中派」林外相の留任は地雷か 岸田首相が茂木氏らと人事協議 識者「適任でない」「保守層離れる」

  2. 岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」で焦点になる「旧統一教会と関係深い安倍派」の処遇

  3. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  4. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  5. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  6. 【勝負師たちの系譜】70期になった王座戦 藤井への追撃として落とせない五番勝負

  7. 【マンション業界の秘密】米中韓で不動産価格が下落、日本は? 日銀がかたくなに「異次元金融緩和」を維持する理由

  8. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  9. 【心肺停止の中国】中国経済の〝ゾンビ状態〟さらに悪化 若者の失業率40%超、住宅ローンの債務残高960兆円 地方のショッピングモールでは売り子があくび

  10. 中国、台湾周辺での大規模演習終える ペロシ米下院議長の訪台に反発 尖閣周辺でも領海侵入…エスカレートする威嚇行動

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ