大谷の敵か味方か〝ロボット球審〟24年から大リーグで導入検討 判定が正確ならメリットだが…ハイテク化に違和感覚える選手や関係者も1/1ページ

6月男の面目躍如の大谷(共同
6月男の面目躍如の大谷(共同

米大リーグ機構(MLB)のマンフレッド・コミッショナーが、2024年から投球の機械判定を導入する方向だと明らかにした。スポーツ専門局ESPNが29日、報じた。ストライク、ボールの判定を機械で行い、音声を受信した球審がコールする仕組みなどが検討されている。

機械による投球判定は、これまでマイナーリーグなどでテスト運用が行われており、1試合の平均時間が9分短縮されているという。同コミッショナーは「われわれの機械判定システムはうまく機能している」と自信を示した。

今季もエンゼルスの大谷翔平(27)はボール、ストライクの判定で再三不満な表情を見せる場面があった。正確な判定につながるならばメリットはあるが、急激なハイテク化に違和感を覚えている選手、関係者もいる。

大リーグでは試合への電子機器導入が進みつつあり、今季からバッテリーのサイン伝達にも「ピッチコム」が採用されている。捕手が球種情報を手首につけた発信器のボタンを押して送り、投手が帽子の中に埋め込んだ受信機で音声情報として受け取る仕組み。

大谷も今季8戦目の登板となる5月26日(同27日)のブルージェイズ戦から、走者を二塁に背負ったときに採用している。音声を聞き取りずらそうにしている様子もあるが、運用について「違和感ありますけど、思ったよりスムーズ」と話している。

大谷の投球については、6月2日(同3日)のヤンキース戦で打ち込まれた後、「球種がばれている」とマドン前監督が話して話題になった。このときはピッチコムのワイヤレスの調子が悪くなるアクシデントもあり、現在のスポーツでは補助機器の技術的な問題とも付き合う必要が生まれている。

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  3. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  4. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  5. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  6. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  7. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  8. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  9. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  10. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】バイオリニスト・佐藤陽子さん 満足いく最期に少し安堵 死因は肝臓がんとの発表

ピックアップ連載

連載一覧へ