秋山翔吾のカープ入りは大正解! 注目度は羽生結弦に匹敵!? 在広テレビ全局が入団会見中継 「期待の高さは長野さんより上」球団関係者1/3ページ

試合前練習 打撃練習をする広島・秋山翔吾。右は佐々岡真司監督=マツダスタジアム(撮影・甘利慈)
試合前練習 打撃練習をする広島・秋山翔吾。右は佐々岡真司監督=マツダスタジアム(撮影・甘利慈)

広島を選んで大正解だった⁉ 3年ぶりに日本球界へ復帰する広島・秋山翔吾外野手(34)=前パドレス傘下3Aエルパソ=が6月30日、マツダスタジアムで入団会見に臨んだ。背番号「9」を初披露し、練習にも参加した希代のヒットマンの入団は、地元局のニュースや動画サイトで大きく取り上げられた。メジャーの厚い壁にはね返され、挫折を味わいながらも復活を誓うベテランを、赤く燃える野球の街が熱く包み込んだ。 (山戸英州)

まさかの広島入りが明らかになってから4日。午前11時からマツダスタジアム内で開かれた会見で、秋山は大歓迎を受けた。

広島への入団会見でポーズをとる秋山翔吾(甘利慈撮影)
広島への入団会見でポーズをとる秋山翔吾(甘利慈撮影)

新天地であと524本と迫る日米通算2000安打について、松田元球団オーナー(71)からは「ボロボロになっても打ってくれ」と伝えられたといい、「フロントの方からそういった言葉が出てきてうれしく思う。簡単に積み上がるものではないが、個人目標として持ちながらやりたい」と決意を新たにした。

西武時代の2015年には216安打を放ち、プロ野球シーズン最多安打を記録。侍ジャパンにも選出されるなど輝かしい成績を収めている秋山だがメジャー移籍後は苦難の連続だった。レッズを退団し、エルパソでは若手とともにプレーした。広島でも秋山の知名度はいまひとつだった。

広島のテレビ局関係者は「街頭インタビューに行ったけど関東の球団に属していたこともあり正直、秋山といっても広島の人はあまりピンときていなかったと思います。でもカープ入団となれば話は別です」。

野球どころ広島は、秋山入団のニュースに一気に沸き立った。この日の入団会見は中国放送(TBS系)がカープ公式アプリで生配信したほか、広島テレビ(日本テレビ系)や広島ホームテレビ(テレビ朝日系)もYouTubeライブで秋山の一挙手一投足を追った。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  5. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  6. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  7. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ