香港の中国返還25年 習主席、現地入りで統治の「成果」誇示へ 「自由が脅かされている」ジョンソン英首相は懸念表明1/2ページ

香港に乗り込み、あいさつする習主席=6月30日(香港政府提供・共同)
香港に乗り込み、あいさつする習主席=6月30日(香港政府提供・共同)

香港は1日、英国から中国に返還されて25年を迎えた。中国の習近平国家主席は記念式典出席のために前日に続いて香港入りし、香港統治の「成功」を誇示する見通し。一方、旧宗主国・英国のボリス・ジョンソン首相は6月30日、「(香港で)人権や自由が脅かされている」とツイッターの動画で訴え、民主派や言論活動を締め付ける中国への懸念を表明した。

習氏は6月30日、高速鉄道で香港に到着した。新型コロナの世界的流行後、習氏が中国本土外を訪れるのは初めて。

ジョンソン首相
ジョンソン首相

到着時の演説で、習氏は近年続いた抗議デモと当局の徹底的な取り締まりによる沈静化を念頭に「香港は厳しい試練に耐えて復活した」と強調し、「全く揺らぐことなく『一国二制度』を堅持すれば、香港の未来はより素晴らしく、中華民族の偉大な復興のために香港が新たな偉大な貢献をできる」と主張した。

ただ、習政権は、香港国家安全維持法(国安法)や、民主派を排除する選挙制度を導入するなどして、香港に高度の自治を認め、返還後50年間保障すると約束された「一国二制度」を形骸化してきた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【日本の解き方】旧統一教会の名称変更問題、行政を歪めたのは誰!? 問われるべき文科省の対応、官僚の裁量なくす法律通りの手続きを

  2. 【政界マル秘紳士録】茂木敏充・自民党幹事長 「ポスト岸田」一番手の課題は 「参院のドン」青木氏と関係修復、「義理と人情とやせ我慢」の習得

  3. 【アイドルSEXY列伝】浅香唯、撮影アラーキーで「ヘアヌード展開!?」と思ったが… トップアイドルになってからも水着展開アリ

  4. 【経済快説】株安は終わったと考えていいのか? 「儲けている人は黙っている」実は円安によって企業業績が改善、日本はこの環境をチャンスに

  5. “親中”日本の大メディアに問われる報道の姿 香港民主化デモを克明に描く衝撃作 ドキュメンタリー映画「時代革命」

  6. 「コウモリ外交」支える功利的な国民精神 つかえる強国が2つ、韓国が採るべき対応とは 半導体同盟の予備会談参加は「米国説得のため」か

  7. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  8. 大島優子が第1子妊娠 元AKB「神7」メンバーら卒業後も華々しい活躍

  9. 小島瑠璃子〝大陸無双〟の野望 来年から中国に語学留学 締め付け厳しい中国芸能界でもメリット大

  10. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ