ベストセラー健康法

患者目線で書かれた前立腺がん最新治療の〝教科書〟 小路直医師『前立腺がんの基本と低侵襲がん標的治療』1/2ページ

「前立腺がんの基本と低侵襲がん標的治療」(ライフ・サイエンス刊)1800円税別
「前立腺がんの基本と低侵襲がん標的治療」(ライフ・サイエンス刊)1800円税別

男性のがん罹患率1位の「前立腺がん」。比較的おとなしいがんとされるが、国内で毎年約3万人がこの病気で命を落としていることを思えば、危機感も湧いてくるだろう。そんな前立腺がんの診断と治療の最前線を丁寧に解き明かしてくれる1冊が『前立腺がんの基本と低侵襲がん標的治療』(ライフ・サイエンス刊)だ。著者は東海大学医学部腎泌尿器科准教授の小路直医師。タイトルや体裁は医師や医学生向けの教科書のようだが、サブタイトルに「患者さんのための前立腺がん専門書」とあるように、紛れもない一般向けの書籍だ。

実際、ページをめくると、第1章の「前立腺はどこにあって、何をしているのか?」から始まり、この病気が増加する社会的背景、スクリーニングや検査法、さまざまな治療法―と、読み進むにつれ実態と医学的な対処法が自然に身に付く仕組みになっている。

小路直医師
小路直医師

中でも注目したいのが第6章の「従来の診断能を上回る新たな生検技術 核磁気共鳴画像―経直腸的超音波画像融合画像ガイド下前立腺生検とは?」。内容はこうだ。

従来の前立腺がんの生検は、事前にMRIで撮影した画像を参考に、直腸越しに針を刺して組織を採取していた。ボールペンの芯ほどの針を十数回刺して、1回でも悪性腫瘍が見つかれば、「前立腺がん」と診断される。

しかしこれは画像を見た医師の記憶に頼る部分が大きく、実際にはがんがあるのに、針が腫瘍組織を捉えることができず、がんの進行を許してしまうケースもあった。

そこで事前に写したMRIの画像情報をコンピュータ処理し、生検の際に「どこに、どんな形の病変があるのか」をモニターに映し出し、術者はそれを見ながら針を刺すことで、がんの疑いのある組織を確実に採取する方法が開発された。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  3. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  4. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  5. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  6. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  7. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  8. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  9. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】バイオリニスト・佐藤陽子さん 満足いく最期に少し安堵 死因は肝臓がんとの発表

  10. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ