面倒な雑草除去や剪定を楽にする便利な園芸用品6選1/1ページ

雑草の除去作業や植木の剪定などを楽にしてくれる、おすすめの園芸用品
雑草の除去作業や植木の剪定などを楽にしてくれる、おすすめの園芸用品

庭や畑に生えてきてしまう雑草。何度も生えてきて成長速度も速いため、頭を悩ませている人は多いだろう。特に夏場の繁殖力は凄まじい上に、炎天下で長時間の草取りは体力的にもつらいものがある。そんな夏の雑草除去をもっと簡単にできたら…と思うことはないだろうか。今回は雑草の除去作業や植木の剪定などを楽にしてくれる、おすすめの園芸用品をご紹介。

まずは、立ったまま作業ができ、体の負担を軽減できる商品。

草刈かっちゃん(1万2,100円)

地面に生えている雑草を刈るとなると、腰をかがめたりしゃがんだりしなければならず、長時間になればなるほど体に負荷がかかるものだ。「草刈かっちゃん」は、腰をかがめず立ったままでも雑草を刈り込むことができる道具。両手でハンドルを開閉して刈り込む鋏だ。ハンドルは握りやすい角度になっており、開閉の動きをサポートする専用バネが仕組んであるため、腕の疲れも抑えてくれる。信頼の日本製で、鍛錬されて出来上がった刃は、草にしっかりと食い込んで逃がさないV字カット刃に仕上げており、ストレス無く気持ち良く雑草を切ることができる。

雑草抜きごそっととれ太 アルミ伸縮タイプ(1万780円)

こちらも立ったまま作業ができるが、先ほどは“草刈り“だったのに対して、「ごそっととれ太」は“草抜き”をするための商品。しっかりと根付いた雑草も、鋭い「のこ目」を使えばしっかりと気持ちよく取れる。反対側の「平刃」を使えば、取りづらい庭石のキワの雑草抜きや抜き終わったあとの地ならしも簡単。柄は伸縮式なので長さの調整ができ、作業が終わればコンパクトに収納可能。

次に紹介するのは、手軽に扱えてコンパクトに収納できる園芸用品。

除草くわ(3,278円)

除草くわ」は、しっかりと根付いた雑草の処理におすすめな商品。先ほど紹介した「ごそっととれ太」と同様に、鋭い「のこ目」と反対側に「平刃」が付いている。しゃがんで使うことにはなるが、柄が短い分、手先の感覚に近い状態で使うことができて扱いやすい。

T型草取り鎌(2,200円)

雑草を除去する道具には、それぞれ目的に合わせた特徴があるが、それを全て揃えて使い分けるのは大変だ。そこでおすすめなのがこの「T型草取り鎌」。鎌のような形状をしており、片側の先端は細く鋭利で、草を突き刺したり引っ掻く作業がしやすい。もう一つの先端は幅が広くなっている丸刃があり、太い茎の草の根を引き起こすことが可能だ。側面の片側には波型になっている刃があり、地面を這うような草の除去などに使える。刃見場部分の逆側は刃がついていないので、この部分を使って地ならしができる。

除草材草枯れちゃん 2kg(3,190円)

雑草を抜く商品ばかり紹介してきたが、より手軽な方法は除草剤の散布だ。しかし、除草剤には人間やペットに害を与えてしまったり、土壌にも悪影響を残す可能性もある。そこでおすすめなのが「除草材草枯れちゃん」だ。この商品は除草剤ではなく除草材。「材」という名前が付いている訳は薬剤ではないからだ。農薬のように即効性はないが、多孔質セラミックを加えることで、天候に左右されることなく、最長約10カ月間も効果を持続することに成功している。もちろん、薬剤ではないのでお子様やペットのいるご家庭でも安心して使える。

ちょうどイイ高枝切鋏(5,500円)

最後に紹介するのが、植木の剪定に便利な「ちょうどイイ高枝切鋏」。背のある木の枝を剪定する高枝切バサミは「重い」「長すぎる」と、あまり実用的ではないものばかり。そこでご家庭で一番活躍する長さ、軽さ、使いやすさを追求し、開発されたのが本品だ。長さは最長142センチから最短92センチまで4段階の長さに調整可能。長さ調整はレバーを押して伸縮させるだけの簡単設計になっている。約530グラムと片手でも使えるほどの軽さで、切った枝をつかむキャッチ機能も搭載。とにかく使いやすい高枝切鋏を探している方にはおすすめの商品だ。

価格は税込み。5,000円以上のご購入で送料無料。価格や仕様などはすべて掲載日時点の情報。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、5000円以上のお買い物で使える500円オフクーポンが貰えるのでお得に。<産経ネットショップ>

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【日本復喝!】中国による「ステルス一帯一路」の罠 大阪港が危ない!武漢新港との「パートナーシップ港提携」めぐり物議、府議会からも懸念の声

  2. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】高市早苗氏なら省庁の縦割りに横串を刺すことが可能 「日本として経済安保体制をどう強化するのか」期待

  3. 明石家さんま発言にSMAPファン〝失望〟 香取と共演も「木村に会いすぎてるから、気ぃつかうのかなぁ」より深い溝が見えただけの結果に

  4. 「自業自得」匂わせる一部メディアの異常な発信 安倍元首相暗殺から1カ月以上、誰が被害者で誰が加害者なのか 政治学者・岩田温氏が緊急寄稿

  5. 【「1987」エンタメプレイバック】「リハウスしてきた白鳥麗子」宮沢りえの衝撃 テレビの前の視聴者をくぎ付けに

  6. 「孔子学院」日本で閉鎖する大学も 米国で激減、英国では次期首相候補が閉鎖「公約」 中国の政治宣伝、諜報活動の拠点との指摘

  7. 土田晃之が絶叫!オードリー春日の〝モンスターぶり〟 帯レギュラーないのに上半期テレビ番組出演本数ランクで3位 「朝から夜までロケだと効率悪い」

  8. 【専門家に聞く痛風予防 高尿酸血症研究最前線】江戸時代は尿酸がたまりにくかった!? 日本人の痛風発作が増え始めたのは戦後

  9. 【SPORTS BAR】17歳・馬場咲希のビッグな素顔 37年ぶり全米女子アマ制した飛距離と度胸 憧れはコルダ、渋野日向子に〝押しかけ〟ラウンドも

  10. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】本人はチャート1位にこだわっていなかった 連続首位記録は16作で途切れるも…自分の考えを譲らなかった22枚目のシングル

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ