黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに1/1ページ

複数の煙が上がるズメイヌイ島(ウクライナ軍提供、ロイター)
複数の煙が上がるズメイヌイ島(ウクライナ軍提供、ロイター)

ウクライナのゼレンスキー大統領は6月30日、ビデオ演説で、ロシア軍が撤退した黒海の要衝ズメイヌイ島が「解放された」と宣言した。ロシアの黒海封鎖でウクライナからの穀物輸出が滞り、小麦価格が高騰するなど食料危機の懸念が高まる中、ウクライナは今回の戦果を輸出再開への足掛かりにしたい考えだ。

ウクライナ軍によると、同国軍によるミサイル攻撃や砲撃で島は炎上し、ロシア軍部隊が2隻の船で島から撤退した。ウクライナ軍は今後、島への上陸を試みる。

ゼレンスキー大統領(共同)
ゼレンスキー大統領(共同)

ズメイヌイ島は黒海の主要港への船舶の出入りを監視でき、ロシアは2月の侵攻直後に制圧。ウクライナ軍が4月にロシア黒海艦隊の旗艦モスクワを攻撃し沈没させた後、ロシアは旗艦の機能を代替するため、島を軍事拠点としていた。

今回の攻撃で島内にあるロシア軍の設備は破壊されたといい、ウクライナのデニセンコ内相顧問は30日、島からのロシア軍撤退は「ウクライナ軍の大勝利だ」と地元メディアに強調した。

ロシア国防省は、撤退は黒海経由の穀物輸出再開に協力するための自発的な撤収だと主張している。

一方、ロシアが大半を制圧した東部ルガンスク州では、ウクライナ側最後の拠点とされるリシチャンスクを巡る攻防が続いている。親ロシア派「ルガンスク人民共和国」の幹部は市の5割を制圧したと主張した。

ウクライナ軍のフロモフ准将は30日、「この数日間、製油所周辺で激しい戦闘が続いている」と指摘。南東側の東部ドネツク州バフムトとの間にある複数の集落がロシア軍に制圧されたと明らかにした。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  3. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  6. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 機材トラブルがNHK紅白に暗雲呼ぶ!? 〝前哨戦〟音楽番組でVTR10秒フリーズの放送事故 目玉企画・中森明菜の出演交渉も難航か

  10. 【日本の元気 山根一眞】実現可能!?米国で研究進む「蚊型ドローン」の脅威 極小カメラ搭載、標的の血を持ち帰ることでDNA鑑定も可能

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ