2022年夏・参院選

引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超1/2ページ

猛暑の中、応援演説する菅前首相=6月30日、埼玉県飯能市
猛暑の中、応援演説する菅前首相=6月30日、埼玉県飯能市

参院選(10日投開票)では、与野党とも大物・著名議員が応援弁士として全国を駆け回っている。昨年退陣した菅義偉前首相も6月30日、埼玉県飯能市の街頭演説に現れた。「仕事師内閣」を率いて、新型コロナ対応や、東京五輪・パラリンピック開催、携帯電話料金引き下げ、デジタル庁設置などを成し遂げた菅氏の話を聞きに、多くの聴衆が詰めかけた。 (報道部・海野慎介)

「昨年の今ごろ、新型コロナの中で私自身は極めて厳しい状況だった。緊急事態宣言の繰り返し、次から次へと起こる新しい事案で、厳しい決断を余儀なくされた」

炎天下の西武飯能駅北口。菅氏は集まった100人以上の人々を前に、首相在任当時をこう振り返った。

菅氏は、最大の懸案だったワクチン接種の態勢整備について、「『できるわけがない』とか、『ワクチン一本足打法』『いつ100万回接種するか言え』などと非難された」「しかし、予想をはるかに上回るスピードで接種が進んだ」などと強調した。

ロシアによるウクライナ侵攻を念頭に、安全保障分野での野党批判も飛び出した。

「(民主党政権で)鳩山(由紀夫)さんが首相になり、日米で取り組んできた(米軍)普天間飛行場の辺野古移設について、いきなり『最低でも県外』と言い出した。結果、日米同盟が機能不全に陥った。(民主党政権時代には)中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突してきた。中国の圧力に屈して船長を釈放してしまった。(ロシアのドミトリー・)メドベージェフ大統領が初めて、北方領土に足を踏み入れた。韓国の大統領が島根県・竹島に上陸した」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  3. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  4. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  5. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  6. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  7. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  8. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  9. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  10. 東国原英夫氏が宮崎県知事選出馬へ 「『宮崎が元気がない、盛り上げてくれ』との意見を頂戴している」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ