夕刊フジ×キイストン 飲食業新時代への挑戦

〝修業3カ月〟でミシュラン掲載のノウハウ活用 人材育成へ「飲食塾」8月開校 G―FACTORY株式会社1/2ページ

調理等の教室に隣接する店舗のイメージ
調理等の教室に隣接する店舗のイメージ

飲食業に向けた経営サポートを行うG―FACTORY株式会社(本社・東京都新宿区、代表・片平雅之)では、この 8月に「飲食塾」を開校する。これは、寿司、日本料理、焼き鳥、そば・うどんなど、多様なジャンルで即戦力となる人材を短期間で育成するというもの。教室は同社が入居する新宿センタービルの中に設ける。

同社では「夢をカタチに! 和食を世界に!」という企業スローガンを掲げて、2003年5月の会社設立以来、日本料理店の展開を基軸とした事業を行っている。まず、ウナギのファストフード「名代 宇奈とと」の展開。これをベースにして出店支援のノウハウを蓄積し同社の強みとしてきた。さらに、ミシュラン星付きなど高級店を展開する飲食業をグループ会社に収めて、これらの市場の見識を深めている。また海外ではベトナムで直営飲食店を展開、東南アジアを中心に飲食業の人材育成と経営サポートを行っている。

「飲食塾」校長の宇都裕昭氏
「飲食塾」校長の宇都裕昭氏

「飲食塾」の校長に就任したのは宇都(うと)裕昭氏。宇都氏はこれまで飲食業が求める人材の就職や転職を支援するビジネスを展開している中で、「これらの需要に十分に応えていくために短期間の調理師学校が必要だ」と感じ取り、「飲食人大学」を2014年4月に大阪で立ち上げた。

「飲食人大学」の特徴は、飲食業でビジネスを切り開こうとしている人たちを対象に、一般的な調理師専門学校が1年間で教育しているカリキュラムを3カ月に短縮し、現場実践に重点を置いた授業を行って技術の習熟を早める点だ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 習主席が自ら決断、弾道ミサイルの日本EEZ落下 国交正常化50年、中国軍2案提出も「回避案」選ばず 共同通信報道

  2. 【日本の解き方】旧統一教会の名称変更問題、行政を歪めたのは誰!? 問われるべき文科省の対応、官僚の裁量なくす法律通りの手続きを

  3. 【政界マル秘紳士録】茂木敏充・自民党幹事長 「ポスト岸田」一番手の課題は 「参院のドン」青木氏と関係修復、「義理と人情とやせ我慢」の習得

  4. 【アイドルSEXY列伝】浅香唯、撮影アラーキーで「ヘアヌード展開!?」と思ったが… トップアイドルになってからも水着展開アリ

  5. “親中”日本の大メディアに問われる報道の姿 香港民主化デモを克明に描く衝撃作 ドキュメンタリー映画「時代革命」

  6. 【経済快説】株安は終わったと考えていいのか? 「儲けている人は黙っている」実は円安によって企業業績が改善、日本はこの環境をチャンスに

  7. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  8. 大島優子が第1子妊娠 元AKB「神7」メンバーら卒業後も華々しい活躍

  9. 「コウモリ外交」支える功利的な国民精神 つかえる強国が2つ、韓国が採るべき対応とは 半導体同盟の予備会談参加は「米国説得のため」か

  10. 【岩本勉 どの口が言うとんねん】パ・リーグ空前の混戦! 抜け出すのは「美味しくハムを食べた」チーム?

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ