シネマパラダイス

実話に基づく決死の脱出劇「モガディシュ 脱出までの14日間」1/1ページ

「モガディシュ 脱出までの14日間」(c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.
「モガディシュ 脱出までの14日間」(c)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.

ソマリア内戦に巻き込まれた韓国と北朝鮮の大使館員たちの決死の脱出劇。実話に基づく。

1990年、国連加盟を目指す韓国の大使ハン(キム・ユンソク)は、国連での投票権を持つソマリアの首都モガディシュで、同じ目的の北朝鮮の大使リム(ホ・ジュノ)と激しくロビー活動を繰り広げていた。そんな中、内戦が勃発し北朝鮮大使館は反乱軍に襲われた。リム大使ら職員とその家族は韓国大使館に助けを求めるが…。リュ・スンワン監督。1日公開、上映時間2時間1分。

【ホンネ】相互不信と疑心暗鬼の根深い両国関係の中、国家の主義主張に従う理念と家族を守る愛情の板挟みに揺れる人々の苦悩が痛々しく伝わる。騒乱で戦場と化した現場を描いたカメラワークは衝撃的なスピード感でダイナミック。韓国映画のパワーに圧倒される。 ★★★☆(映画評論家・山形淳二)

★5つで満点、☆=星半分

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  5. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  6. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  7. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  8. 【スクープ最前線】岸田政権、対中連携で米を裏切り疑惑…不信感爆発で首脳会談要望も冷淡 共同極秘作戦を情報漏洩か 沖縄県で市民団体らが反対運動開始

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. 【青山真治の世界 リアルを探求】初のミステリー作品に薬師丸ひろ子念願の出演 裸の死体役は一瞬、小西真奈美に見えるが…「レイクサイドマーダーケース」(2005年)

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ