沖縄が危ない!

50年前と同じ見出し…本土との分断煽るような沖縄の主要紙 いまだに米軍基地負担に苦しんでいることのみに焦点1/2ページ

沖縄復帰50周年記念式典で、岸田首相は式辞を述べた=5月15日、沖縄県宜野湾市
沖縄復帰50周年記念式典で、岸田首相は式辞を述べた=5月15日、沖縄県宜野湾市

沖縄は5月15日に「日本復帰50年」の佳節を迎えたが、県内で祝賀ムードはほとんどなかった。主要メディアは、沖縄がいまだに米軍基地の負担に苦しんでいることのみに焦点を当て、沖縄と本土の分断を煽るような報道姿勢が目立った。復帰記念日は反基地派に乗っ取られてしまったのだ。

象徴的なのは県紙「琉球新報」の1面だ。50年前の復帰当日の紙面と同じ、「変わらぬ基地 続く苦悩」という大々的な横見出しを使った。「沖縄の変わらぬ現状を読者と共に再認識」(同紙)する趣旨だという。「沖縄の民意届かず」「軍事優先 暮らし犠牲」という、おどろおどろしい見出しも加わった。

この日は琉球新報と、もう1つの県紙「沖縄タイムス」が共同で両紙編集局長の寄稿を掲載した。こちらも「憂鬱」「構造的差別」というタイトルが躍り、復帰がまるで沖縄の悲劇であったかのようだ。

「基地のない平和な沖縄」がこの半世紀、県民の悲願だったことは事実だが、沖縄が中国の脅威に直面するようになり、その論理は破綻した。

だが、反基地派は、50年前から一歩も進歩していない。復帰当日の紙面と同じ見出しを使った琉球新報は、図らずも自ら思考停止状態を露呈している。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 習主席が自ら決断、弾道ミサイルの日本EEZ落下 国交正常化50年、中国軍2案提出も「回避案」選ばず 共同通信報道

  2. 19歳女性と連続デート、お見送り芸人しんいち〝7股中〟文春砲も「ダメージなし」の理由

  3. まさかの「8・11」に中田翔、巨人の第91代4番就任 1年前に日本ハムで無期限出場停止処分発表

  4. 沖縄周辺で中国念頭、日米の戦闘機10機が訓練 中国軍は台湾海峡での軍事圧力を常態化

  5. 【日本の解き方】旧統一教会の名称変更問題、行政を歪めたのは誰!? 問われるべき文科省の対応、官僚の裁量なくす法律通りの手続きを

  6. 【政界マル秘紳士録】茂木敏充・自民党幹事長 「ポスト岸田」一番手の課題は 「参院のドン」青木氏と関係修復、「義理と人情とやせ我慢」の習得

  7. 「死ぬまでやります」三遊亭円楽、脳梗塞から涙の高座復帰 高次脳機能障害を明かす

  8. 【テレビ用語の基礎知識】「第7波」 ロケやめます、とは言い出しにくい? 各局横並びで様子をうかがっている状況

  9. 【アイドルSEXY列伝】浅香唯、撮影アラーキーで「ヘアヌード展開!?」と思ったが… トップアイドルになってからも水着展開アリ

  10. 北朝鮮で脱北者家族への締め付け強化 辺境部に強制移住も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ