ハリセンボン・はるか大喜利でブレークなるか 「IPPON女子グランプリ」で名回答連発! 「松本人志が得点入れ忘れるほどウケたのは衝撃」演劇関係者1/1ページ

センスが光った箕輪はるか
センスが光った箕輪はるか

お笑いコンビ、ハリセンボンの箕輪はるか(42)がとてつもないポテンシャルをみせた。これまで相方の近藤春菜(39)の活躍ぶりに〝じゃないほう芸人〟の印象が強かったはるかだが、6月25日に放送された「まっちゃんねる」(フジテレビ系)の「IPPON女子グランプリ」で、ダウンタウンの松本人志(58)が感心するほどの名回答を連発し、優勝したのだ。

ハリセンボンの公式YouTubeチャンネル「ハリセンボンOfficial Channel」で、優勝を報告したはるか。女性芸人部門で優勝したはるかは、女性タレント部門の優勝者、滝沢カレン(30)との一騎打ちも制した。「これ(トロフィー)を松本人志さんからいただいたからそれがまた感激でしたね」と感想を語るはるか。

演芸関係者は話す。

「女性芸人部門は、3時のヒロインの福田麻貴(33)、Aマッソの加納(33)、そして蛙亭のイワクラ(32)と若手で勢いのある3人にはるかという顔ぶれでした。この中に選ばれるだけでもすでに評価されているのですが、14回回答し、うち10回で一本を取っており、しかも審査員を務めた松本が得点を入れるのを忘れるほど受けていたのは衝撃でした。これまで春菜の陰に隠れて、影の薄いキャラとけんだまのイメージぐらいしかありませんでしたが、大喜利の強いセンス系の芸人というイメージがつくことで、バラエティーにも呼んでもらえるようになるでしょう」

一気にブレークのチャンスをつかんだわけだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  5. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  6. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  7. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  8. 【青山真治の世界 リアルを探求】初のミステリー作品に薬師丸ひろ子念願の出演 裸の死体役は一瞬、小西真奈美に見えるが…「レイクサイドマーダーケース」(2005年)

  9. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  10. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ