2022年夏・参院選

「エネルギー」最大争点に 「サハリン2」の衝撃でリスク再認識 プーチン氏が日本勢排除の大統領令に署名 主要9党の政策に注目1/2ページ

その他の写真を見る (1/4枚)

「7・10参院選」の争点として、エネルギー政策が重視されてきた。ロシアのウクライナ侵攻を受けて、世界のエネルギー価格は急上昇しており、日本でも電気料金の値上げラッシュが続いている。猛暑の中、電力需給は逼迫(ひっぱく)しており、政府は1日、節電期間をスタートさせた。こうしたなか、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、石油・天然ガスの開発事業「サハリン2」から、日本勢を排除するような大統領令に署名した。電気料金などがさらに高騰する恐れがある。国民生活と企業活動を守るエネルギー政策はないのか。各党の参院選公約を比較した。

「わが国の権益が損なわれるようなことはあってはならない」

木原誠二官房副長官は1日の記者会見で、プーチン氏が「サハリン2」の運営会社の資産を、ロシア側が新たに設立する運営会社に譲渡すると定めた大統領令に署名したことについて、こう語った。

ロシアはウクライナ侵攻に対する日本や欧米諸国の制裁に反発しており、日本の権益が奪われる可能性が出てきた。今後、液化天然ガス(LNG)の輸入に何らかの支障が出れば、さらなるエネルギー価格の高騰は避けられない。

今回の電力不足の原因としては、①世界的なLNG不足②天候次第で発電量が安定しない再生エネルギー増加の弊害③バックアップ電源となる火力発電の休廃止④原発再稼働の遅れ―などが指摘されている。

政府は1日、9月末まで全国規模での節電要請を開始した。家庭や企業が対象で、要請が行われるのは7年ぶり。電力需給は太陽光の出力が低下する夕方に逼迫する傾向にあるという。この日も関東や東海で40度近い猛暑となるなかで国民は節電を迫られた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 習主席が自ら決断、弾道ミサイルの日本EEZ落下 国交正常化50年、中国軍2案提出も「回避案」選ばず 共同通信報道

  2. 19歳女性と連続デート、お見送り芸人しんいち〝7股中〟文春砲も「ダメージなし」の理由

  3. まさかの「8・11」に中田翔、巨人の第91代4番就任 1年前に日本ハムで無期限出場停止処分発表

  4. 沖縄周辺で中国念頭、日米の戦闘機10機が訓練 中国軍は台湾海峡での軍事圧力を常態化

  5. 【日本の解き方】旧統一教会の名称変更問題、行政を歪めたのは誰!? 問われるべき文科省の対応、官僚の裁量なくす法律通りの手続きを

  6. 北朝鮮で脱北者家族への締め付け強化 辺境部に強制移住も

  7. 「死ぬまでやります」三遊亭円楽、脳梗塞から涙の高座復帰 高次脳機能障害を明かす

  8. 【岩本勉 どの口が言うとんねん】パ・リーグ空前の混戦! 抜け出すのは「美味しくハムを食べた」チーム?

  9. 【アイドルSEXY列伝】浅香唯、撮影アラーキーで「ヘアヌード展開!?」と思ったが… トップアイドルになってからも水着展開アリ

  10. 【政界マル秘紳士録】茂木敏充・自民党幹事長 「ポスト岸田」一番手の課題は 「参院のドン」青木氏と関係修復、「義理と人情とやせ我慢」の習得

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ