中高年の婚活Q&A

話し下手でも婚活を乗り切れる? 外出自粛の解除で、婚活も多様性を取り戻している1/2ページ

バスや鉄道旅での見合いなら、2人の距離がぐっと縮められる
バスや鉄道旅での見合いなら、2人の距離がぐっと縮められる

コロナ禍での外出自粛が緩和され、徐々にではあるが街に活気が戻ってきている。婚活市場もその波に乗ってSNSやズームから、現実に顔を合わせての見合いを再開し始めている。

「もともと口下手で、集団見合いは苦手だったんです。それを相談所のアドバイザーに伝えると、バスツアー見合いに参加してみてはと提案されたんです」

満面の笑みでそう話すのは、神奈川県横須賀市のAさん(47)。コロナ前に集団見合いを何度か経験したがヒットなしに終わったと吐露する。

「外出規制で見合いがSNSとなった時には、自宅でリラックス気分で臨める分、チャンスがあると踏んだのですが、それも期待はずれに終わりました」

いずれにしてもパーティー形式の集団見合いは、積極的に攻めていかなければ、なかなか出番は回ってこない。Aさんは自分のことはほとんど話せず、参加者の話を聞くだけに終わったと振り返る。

「そんなんじゃ、頼りない、リードしてくれそうにない男性というふうに映って当たり前ですよ」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 習主席が自ら決断、弾道ミサイルの日本EEZ落下 国交正常化50年、中国軍2案提出も「回避案」選ばず 共同通信報道

  2. 19歳女性と連続デート、お見送り芸人しんいち〝7股中〟文春砲も「ダメージなし」の理由

  3. まさかの「8・11」に中田翔、巨人の第91代4番就任 1年前に日本ハムで無期限出場停止処分発表

  4. 沖縄周辺で中国念頭、日米の戦闘機10機が訓練 中国軍は台湾海峡での軍事圧力を常態化

  5. 【日本の解き方】旧統一教会の名称変更問題、行政を歪めたのは誰!? 問われるべき文科省の対応、官僚の裁量なくす法律通りの手続きを

  6. 【政界マル秘紳士録】茂木敏充・自民党幹事長 「ポスト岸田」一番手の課題は 「参院のドン」青木氏と関係修復、「義理と人情とやせ我慢」の習得

  7. 【アイドルSEXY列伝】浅香唯、撮影アラーキーで「ヘアヌード展開!?」と思ったが… トップアイドルになってからも水着展開アリ

  8. 【テレビ用語の基礎知識】「第7波」 ロケやめます、とは言い出しにくい? 各局横並びで様子をうかがっている状況

  9. 「死ぬまでやります」三遊亭円楽、脳梗塞から涙の高座復帰 高次脳機能障害を明かす

  10. 北朝鮮で脱北者家族への締め付け強化 辺境部に強制移住も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ