マンション業界の秘密

要注意!高い物件をペアローンで買うリスク 今は結婚した3組に1組が離婚する時代、完済前に訪れる困難1/2ページ

高くなりすぎたマンション価格。金利が上がれば、いずれは下がる?(写真と本文は関係ありません)
高くなりすぎたマンション価格。金利が上がれば、いずれは下がる?(写真と本文は関係ありません)

東京の新築マンション市場は長らく都心エリアが中心であった。業界で「都心5区」というと千代田、港、中央、渋谷、新宿になる。

最近、この都心5区での供給が少なくなっている。港区や中央区では大規模物件が出てきているので、供給戸数はそれなりにあるが、物件数が少ない。

一方、東京23区では外縁部にあたる練馬や大田、足立、葛飾と言ったエリアでの供給が増えてきている。

その背景には、都心5区ではマンション開発用の土地価格が上がり過ぎて、デベロッパーが買えなくなっていることがありそうだ。それで、値上がり幅が小さかった外縁部での供給が増えてきたのだろう。今年4月に生産緑地法の期限がいったん切れた影響もありそうだ。

ただ、そういった外縁部でも新築マンションの販売価格は床面積の坪単価あたり300万円前後まで上昇してきている。10年前なら、山手線内側の文京区の相場観だ。

販売価格にすると20坪(約66平方メートル)の3LDKが6000万円前後となる。10年前の感覚なら、立派に高級物件。年収1000万円以上の準富裕層が販売ターゲットだった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  7. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  8. 【青山真治の世界 リアルを探求】初のミステリー作品に薬師丸ひろ子念願の出演 裸の死体役は一瞬、小西真奈美に見えるが…「レイクサイドマーダーケース」(2005年)

  9. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

  10. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ