エンタなう

悪徳マネジャーの視点で描くプレスリーの光と影 ワクワクする実話サスペンス 映画「エルヴィス」1/1ページ

映画「エルヴィス」(C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
映画「エルヴィス」(C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

ビートルズもクイーンもこの男がいなければ存在せず、ボブ・ディランも影響を受けた。人気絶頂にして42歳で謎の死を遂げたエルヴィス・プレスリーの伝説を裏側から描く映画「エルヴィス」(公開中)は、ただの伝記ものでもソックリさんショーでもない。悪徳マネジャーを語り部にしたことで、ワクワクする実話サスペンスとなった。

この作品、オペラ・ミュージカル・舞台にも通じたバズ・ラーマン監督が手がけただけあって、プレスリー役に大抜擢されたオースティン・バトラーの実力は確かだ。

「監獄ロック」をはじめ往年のナンバーのパフォーマンスが素晴らしい。幼少期を米ミシシッピ州トゥロペの黒人居住地域にある数少ない白人専用住宅に暮らした経験から、ゴスペル、リズム&ブルースを吸収し、カントリーミュージックと融合させて、ロックが誕生してゆく。その過程、成長ぶりが生々しい。初期のライブに、あえて速弾きギターリフを絡ませた危険な香りづけは、女性たちをイチコロにしたシーンに説得力を増す。

人間ドラマとしての厚みが増すのは、トム・ハンクスが演じる悪名高いマネジャー、パーカー大佐(通称)が、さまざまな〝真相〟を語る場面だ。プレスリーが海外公演を封じられ、ラスベガスで歌い続けたワケや、音楽ビジネスの先鞭をつけた舞台裏での商魂のたくましさなどは、やりすぎと思えるが、類い希なるマネジャーの才能でもある。まさに大スターの光と影が明かされる。 (中本裕己)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  3. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  4. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  5. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  6. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  7. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  8. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  9. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  10. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】バイオリニスト・佐藤陽子さん 満足いく最期に少し安堵 死因は肝臓がんとの発表

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ