食と健康 ホントの話

栄養を効率よく摂取できる第三のミルク ナッツ類の健康効果に期待 「アーモンドミルク」1/2ページ

アーモンドミルク
アーモンドミルク

抗酸化作用で知られる、ビタミンEの含有量が全食品中でもトップクラスのアーモンド。ナッツの研究第一人者である、慶應義塾大学医学部化学教室の井上浩義教授によると、毎日片手に軽く1杯分(体重60キロの人で25粒程度)を食べ続けることで、アーモンドを含めたナッツ類の健康効果が期待できるという。

他にもさまざまな健康効果が期待できる成分を含むアーモンドだが、ローストしたものをそのまま食べても、含まれる栄養分のすべてが体に吸収されるわけではない。

井上浩義教授
井上浩義教授

「生のアーモンドで5%、ローストしたものでは2%しか水分が含まれていないため、だいたい15~20回の咀嚼(そしゃく)が必要です。そうして食べた後の栄養分が体内に吸収される量は、約半分と言われています」

栄養価が高く、高齢者や子供にこそ食べてほしい食品だが、硬いので咀嚼嚥下(えんげ)機能に不安がある人には工夫が必要だ。そこですすめたいのが、第三のミルクと呼ばれるアーモンドミルク。

「ローストしたアーモンドを食べたときには、そこに含まれる栄養の100%の利用はできません。しかしアーモンドミルクは、硬い細胞壁を最初から壊してくれているので、アーモンドに含まれる栄養を100%利用できるのです」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  3. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  4. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  5. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  6. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  7. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  8. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  9. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  10. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ