歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡

CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も1/3ページ

中森明菜
中森明菜

1970~80年代の音楽シーンで、アイドルの売り出しにはドラマ出演や主題歌、さらにはCMでのタイアップがプロモーションの要だった。長老の芸能関係者は「新人アイドルの場合、所属する大手プロダクションがどこのレコード会社と組むかで注目度が決まった」と前置きした上で当時の芸能界について、こう語った。

「結局はどれだけ宣伝費を投資できるかということです。82年組のアイドルの場合、ビクター音楽産業(現JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)が小泉今日子、CBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)が三田寛子、キャニオンレコード(現ポニー・キャニオン)が堀ちえみ、RCA(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)が石川秀美、新興ながらもテレサ・テンさんや渡哲也さんが所属していたトーラスレコード(現ユニバーサルミュージック)からは早見優がデビューしました。そんな中、中森明菜は知名度も実績もない芸能プロがアイドルを手がけるのは初めてというレコード会社と組んだのですから、正直相手にするメディアは『スター誕生!』の日本テレビを除いては、テレビ東京の『ヤンヤン歌うスタジオ』くらいでしたよ」

さらにこう続ける。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  6. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 【サクラと星条旗】拡大する日米間のギャップ 最高のプレーのために常に最新技術を追求するMLB 佐々木朗希の育成・起用法の背景に米国流スポーツ科学

  10. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ