2022年夏・参院選

高市氏が〝猛ゲキ〟大混戦の東京選挙区 生稲氏に強力援軍、聴衆の笑い誘いつつ「議席増やせるか瀬戸際」 松野官房長官は防衛力強化をアピール1/2ページ

高市政調会長は4日、生稲氏への支持を呼びかけた
高市政調会長は4日、生稲氏への支持を呼びかけた

「7・10参院選」で、大混戦となっているのが34人が出馬した東京選挙区(改選定数6)だ。与野党とも、エース級の候補を擁立し、大物弁士が応援に入っている。元おニャン子クラブで自民党新人、生稲(いくいな)晃子氏が4日夕、江戸川区内で開いた講演会には、高市早苗政調会長と、松野博一官房長官が駆け付けた。がん対策など医療の充実や、ロシアや中国の脅威に対峙(たいじ)する防衛力強化などをアピールした。

高市政調会長は4日、生稲氏(写真)への支持を呼びかけた
高市政調会長は4日、生稲氏(写真)への支持を呼びかけた

「いやぁ~、ホンマに蒸し暑いなか、夕飯時ですのに、こんなに大勢の皆さま。生稲晃子さんのために駆け付けていただき、ホンマにありがとうございます」

高市氏が、こう関西弁を炸裂(さくれつ)させると、聴衆から大きな拍手が送られた。生稲氏と一緒に取り組みたいと意欲を示したのが、「マイクロ波マンモグラフィの普及」だ。

高市氏は、生稲氏が40代で乳がんを発症・闘病したことを紹介し、自身も検査に毎年通えていない悩みを打ち明けた。

「ちゃんと調べてもらおう思たら、ムッチャ痛いんです、マンモグラフィって。私のダイナマイトボディーの乳を押しつぶされて…涙出るくらい痛い」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「コウモリ外交」支える功利的な国民精神 つかえる強国が2つ、韓国が採るべき対応とは 半導体同盟の予備会談参加は「米国説得のため」か

  2. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  3. 小島瑠璃子〝大陸無双〟の野望 来年から中国に語学留学 締め付け厳しい中国芸能界でもメリット大

  4. 「大谷放出」交渉の舞台裏 今夏のトレード期限までには不成立だったが…複数球団が真剣オファー、来季オフのFA前に大型長期契約あるか

  5. 【岩本勉 どの口が言うとんねん】パ・リーグ空前の混戦! 抜け出すのは「美味しくハムを食べた」チーム?

  6. 猛暑でレールが曲がる事態も JR北海道でかつて運行された「散水車」が必要になるかもしれない

  7. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  8. 【松井一郎 維新伝心】ペロシ氏訪台と「安倍元首相の遺志」 維新代表選は〝筋書きのないドラマ〟 内閣改造「旧統一教会隠し」目先の支持率回復ではダメ

  9. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  10. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ