エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界

闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」1/2ページ

バイオレンスに花を添えた土屋アンナ
バイオレンスに花を添えた土屋アンナ

「GONIN/サーガ」は2015年に公開されたバイオレンス・アクション映画。前作「GONIN」(1995年)、「GONIN2」(96年)の正統続編として19年後という設定だ。

正統続編を銘打つ理由は前2作が松竹なのに対し、これはKADOKAWAだから。こんなややこしいことになったのは、前2作の製作総指揮をとったプロデューサー、奥山和由氏の解任騒動があったためだ。

主演は東出昌大だが、長い闘病生活を送っていた根津甚八を石井隆監督が引っ張り出したという涙なくしては語れないエピソードがある。これが根津の遺作(2016年没)となった。

根津は体調を崩し、10年に俳優引退を宣言していた。石井監督は自宅療養を続けていた根津のもとをたびたび訪ね、熱心に口説いた。根津とは盟友であり、石井作品8本に出演している仲だからだ。当時のスポーツ紙も根津の一度限りのスクリーン復帰に大騒ぎ。これもよい宣伝になった。

完成記者会見で石井監督はこう述べている。

「ぼくは根津さんの私生活を一切知らないんですね。酒はよく飲みましたけど、すべて現場です。現場で寝ないで体を張って撮った映画を通しての友達なもんですから、その現場で培った言葉で、今回も誘ったら『やる』といわれた」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  3. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  4. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  5. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  6. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  7. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  8. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  9. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  10. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ