朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』1/2ページ

NHK朝ドラ、ヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 来秋スタート『東京ブギウギ』
NHK朝ドラ、ヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 来秋スタート『東京ブギウギ』
その他の写真を見る (1/4枚)

2023年秋から放送されるNHK連続テレビ小説が「東京ブギウギ」に決まった。誰がヒロインを演じるのかが気にかかるところだが、「ブギの女王」として戦後日本を代表する歌手の笠置シヅ子がモデルだけに、ヒロインにも歌唱力が求められそうだ。そうなってくると、あの女優がクローズアップされてくる。

物語は、香川生まれ、大阪育ちの花田鈴子が「歌と踊りでみんなを笑顔にしたい」と道頓堀の歌劇団で稽古に励み、「ブギの女王」と呼ばれる戦後の大スター歌手への階段を駆け上がっていく軌跡を描くという。

映画「百円の恋」などの脚本で知られる足立紳さんが脚本を手がけ、音楽は「東京ブギウギ」を作曲した服部良一さんの孫の服部隆之さんが担当する。

「ヒロインはオーディションで決めるということですが、やはり下馬評はあるもので、これまでに朝ドラに出演経験があったり、NHKに貢献したりしている若手女優に白羽の矢が立つことはこれまでにも多くありました」とテレビ誌編集者は指摘する。その上で、こう続ける。

「現在『ちむどんどん』でヒロインを務める黒島結菜(25)はこれまでに朝ドラでは『マッサン』や『スカーレット』に出演しています。次作『舞いあがれ!』の福原遥(23)は子役時代からNHKに貢献してきました」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「コウモリ外交」支える功利的な国民精神 つかえる強国が2つ、韓国が採るべき対応とは 半導体同盟の予備会談参加は「米国説得のため」か

  2. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  3. 「大谷放出」交渉の舞台裏 今夏のトレード期限までには不成立だったが…複数球団が真剣オファー、来季オフのFA前に大型長期契約あるか

  4. 小島瑠璃子〝大陸無双〟の野望 来年から中国に語学留学 締め付け厳しい中国芸能界でもメリット大

  5. 【岩本勉 どの口が言うとんねん】パ・リーグ空前の混戦! 抜け出すのは「美味しくハムを食べた」チーム?

  6. 猛暑でレールが曲がる事態も JR北海道でかつて運行された「散水車」が必要になるかもしれない

  7. 【松井一郎 維新伝心】ペロシ氏訪台と「安倍元首相の遺志」 維新代表選は〝筋書きのないドラマ〟 内閣改造「旧統一教会隠し」目先の支持率回復ではダメ

  8. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ