テストステロンを増やす↑堀江メソッド 筋トレ&生活習慣

幕末の偉人たちとテストステロンの関係 渋沢栄一や坂本龍馬は高い人だったと考えられる1/2ページ

渋沢栄一
渋沢栄一

今回は幕末の偉人たちの逸話やキャラクターとテストステロンの関係を見ていきます。

【渋沢栄一】

新一万円札の顔になる渋沢栄一は、昨年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で注目を集めた人物です。

坂本龍馬
坂本龍馬

明治から大正にかけて実業の世界で活躍した渋沢は日本初の銀行を設立したほか、500以上の企業の設立や運営に関わったとされており、「近代日本経済の父」「日本資本主義の父」と呼ばれています。

さらに企業だけでなく、600を超える社会・教育事業にも貢献したと言われています。

それほど数々の偉業を成し遂げながら、財閥を作らなかったこともよく知られています。私腹を肥やすためではなく、社会を豊かにするために働いていたのです。

これだけの仕事量をこなすバイタリティー、そして強い〝貢献意欲〟から考えると、当然テストステロンは高い人だったと考えられます。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  2. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  3. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  4. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  5. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  6. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  7. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  8. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  9. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  10. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】バイオリニスト・佐藤陽子さん 満足いく最期に少し安堵 死因は肝臓がんとの発表

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ