アイドルSEXY列伝

片瀬那奈 変わらない明るさと衰えない美貌 死屍累々の有名人YouTubeも…頑張ってほしいフリーランスで奮起する40歳1/2ページ

2000年12月発売の写真集「ナナノナツ」(角川書店、武藤義撮影)は「水着満載で安定人気の1冊」なので取り扱い価格は4800円。東京・神田神保町の荒魂書店(03・3291・8831)
2000年12月発売の写真集「ナナノナツ」(角川書店、武藤義撮影)は「水着満載で安定人気の1冊」なので取り扱い価格は4800円。東京・神田神保町の荒魂書店(03・3291・8831)

コロナ禍以降、晩酌のお供になっていたYouTube。

登録したチャンネル数は180を超えましたが、さすがに最近はマンネリ気味です。

一般人も有名人も同じような内容ばかりで…。

コロナ禍(2020年初頭)に新規参入した有名人(アイドル、グラドル、女優、お笑いなど)のチャンネルを、応援の意味を込めて登録しましたが、2年後の今は死屍累々(ししるいるい)。

大成功しているのは、江頭2:50氏が率いる「エガちゃんねる EGA―CHANNEL」ぐらいでしょうか。UPした動画は常に100万超再生で安定感あり。

9月末には「エガフェス2022」を開催するなど展開にも勢いがあります。

個人的に残念なのが、永遠の〝お騒がせオジ〟として期待していた石田純一氏。

結局、「じゅんちゃんねる【石田純一】」は登録者数1万人を超えず、更新停止。事実上の閉鎖となったようです。

有名人かつ、制作スタッフが入り、内容がそれなりに安定していても運営していくのは難しい。

今年1月に突如、SNSを全削除した酒井法子様。YouTubeチャンネルの復活は今もありません。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「コウモリ外交」支える功利的な国民精神 つかえる強国が2つ、韓国が採るべき対応とは 半導体同盟の予備会談参加は「米国説得のため」か

  2. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  3. 「大谷放出」交渉の舞台裏 今夏のトレード期限までには不成立だったが…複数球団が真剣オファー、来季オフのFA前に大型長期契約あるか

  4. 小島瑠璃子〝大陸無双〟の野望 来年から中国に語学留学 締め付け厳しい中国芸能界でもメリット大

  5. 猛暑でレールが曲がる事態も JR北海道でかつて運行された「散水車」が必要になるかもしれない

  6. 【岩本勉 どの口が言うとんねん】パ・リーグ空前の混戦! 抜け出すのは「美味しくハムを食べた」チーム?

  7. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  8. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  9. 【松井一郎 維新伝心】ペロシ氏訪台と「安倍元首相の遺志」 維新代表選は〝筋書きのないドラマ〟 内閣改造「旧統一教会隠し」目先の支持率回復ではダメ

  10. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ