金谷多一郎 アマチュアの?を解決

パッティングの構えで気をつけること 「パッティングに形なし」と言われるが…名手と言われる人には共通するポイント1/1ページ

今回は、パッティングの構え方についてのお話です。

「パッティングに形なし」といわれるように、そのスタイルは人によって異なりますが、実はよく見ると名手といわれる人には共通するポイントがあります。そして、そのポイントこそが、〝パッティングの基本〟ということになるのです。

その基本が最もよくわかるのがツアー中継におけるカメラの映像です。

ツアー中継の際、グリーン上を映すカメラのうちの1台は選手が打ち出すライン上の後方に入ります。そのときの各選手の構えを見てみると、どんなパッティングスタイルの選手でも両肩、両ヒジがピタリと重なって見えます。さらに詳しくいえば、正面から見たときにできる、両肩と両ヒジ、グリップを結んだ変形五角形の面は打ち出すラインと必ず平行になっているのです。これこそが構えの基本なのです。

このときに気をつけたいのは、ヒジにゆとりを持たせて構える場合、握り方や構え方の違いによって両ヒジの曲がる度合いが変わるという点です。例えば、順手のグリップは、右手が下になるので左ヒジのほうが深く曲がります。一方、右手が上になるクロスハンドになると右ヒジのほうが深く曲がります。

となると、深く曲がったほうのヒジの位置は、体に近く絞った形になりやすいので、後方から見たときの両ヒジを結んだ線は、順手のグリップの場合はオープン(左)に向きやすく、クロスハンドではクローズ(右)に向きやすくなります。

そうならないように、深く曲がったほうのヒジを体から離すように多少浮かして構え、両ヒジの結んだ線を打ち出すラインと平行に合わせることが大切です。

これだけで、驚くほどにストロークが安定するようになるはずです。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  4. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  5. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  6. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  7. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

  8. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】完璧主義の中森明菜が2、3時間かけ説得 プロデューサーともめにもめたシングル『I MISSED 〝THE SHOCK〟』

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ