高須基一朗の“瞬刊”芸能

「ウンジャラゲ」復活の日 田中聖の再逮捕で「田代まさし」が急浮上 いまや何がきっかけで過去が掘り返されるか予想できない1/2ページ

キンキラキンの高値がついている「ウンジャラゲ」
キンキラキンの高値がついている「ウンジャラゲ」

〝聴き放題〟のサブスク配信が定着してから、昭和・平成のヒット曲も良い歌は、若い人たちにも掘り起こされて、受け入れられるようになってきた。

「新・乃木坂スター誕生! LIVE」(日本テレビ系、月曜深夜)では、乃木坂46第4期生の10代の子らが、これまで「バレンタイン・キッス」(1986年、国生さゆり)や、「恋心」(96年、相川七瀬)などを披露。放送後、話題になっている。40代、50代のおじさんたちにはなつかしいが、乃木坂ファンの世代には新鮮に聴こえているようだ。

もっとマニアックなのは、関ジャニ∞の「関ジャム 完全燃SHOW」で、6月19日と26日の放送では山下達郎の素晴らしさを音楽のプロたちが深く掘り下げて、分析して反響を呼んだ。こうした深夜帯の番組は、視聴率に一喜一憂するよりSNSで広がる話題性で、大きな可能性を感じる。

乃木坂の番組ではリアルなイベント展開もされている。26日横浜ぴあアリーナMMで行われたライブに足を運んでみたところ、おやじ軍団と、若い世代のファンが入り乱れ盛況だった。今週の放送では、「『いちご白書』をもう一度」(75年、バンバン)を取り上げ、さらに上の世代のファン獲得も予感させた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「コウモリ外交」支える功利的な国民精神 つかえる強国が2つ、韓国が採るべき対応とは 半導体同盟の予備会談参加は「米国説得のため」か

  2. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  3. 「大谷放出」交渉の舞台裏 今夏のトレード期限までには不成立だったが…複数球団が真剣オファー、来季オフのFA前に大型長期契約あるか

  4. 小島瑠璃子〝大陸無双〟の野望 来年から中国に語学留学 締め付け厳しい中国芸能界でもメリット大

  5. 猛暑でレールが曲がる事態も JR北海道でかつて運行された「散水車」が必要になるかもしれない

  6. 【岩本勉 どの口が言うとんねん】パ・リーグ空前の混戦! 抜け出すのは「美味しくハムを食べた」チーム?

  7. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  8. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  9. 【松井一郎 維新伝心】ペロシ氏訪台と「安倍元首相の遺志」 維新代表選は〝筋書きのないドラマ〟 内閣改造「旧統一教会隠し」目先の支持率回復ではダメ

  10. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ