エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界

表現のタブーの限界に挑戦した〝本気のSM〟 杉本彩が週刊誌を席巻「花と蛇」1/2ページ

妖艶なフェロモンを振りまいていた杉本彩
妖艶なフェロモンを振りまいていた杉本彩

「花と蛇」は団鬼六の官能SM小説が原作だ。1962年「奇譚クラブ」に花巻京太郎というペンネームで初掲載。その後「アブハンター」という掲載誌で続行。9年間、総数800ページ(挿絵なし)にも及ぶ圧倒的な物量で、75年に完結した。

小説「家畜人ヤプー」と並び奇書とされ、映画化も多数されてきたが、石井隆監督は2004年にメガホンを取り、翌年には「花と蛇2」も手がけている。石井監督による作品は美的センスがあり評判が高かった。

「SMを題材に撮るのに中途半端なことをするのは一番カッコ悪い! リアルなSMを撮ろう、本当にリアルなSMを撮ろう」と考えた。

入れ墨、拘束衣、緊縛、レズプレー…。過激でアブナい映像に本気度100%で挑んだ。スクリーンという場所で表現のタブーの限界に挑戦したといえる。

その「共犯者」に選ばれたのが女優、杉本彩だった。団鬼六の小説にある通り、主役は美貌の麗人。絶世の美女でなくてはならない。杉本はまさに適役だった。

だが撮影は過酷を極めた。生半可な女優根性では撮り終わることはできない。相当な覚悟で臨んだという。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「コウモリ外交」支える功利的な国民精神 つかえる強国が2つ、韓国が採るべき対応とは 半導体同盟の予備会談参加は「米国説得のため」か

  2. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  3. 小島瑠璃子〝大陸無双〟の野望 来年から中国に語学留学 締め付け厳しい中国芸能界でもメリット大

  4. 「大谷放出」交渉の舞台裏 今夏のトレード期限までには不成立だったが…複数球団が真剣オファー、来季オフのFA前に大型長期契約あるか

  5. 【岩本勉 どの口が言うとんねん】パ・リーグ空前の混戦! 抜け出すのは「美味しくハムを食べた」チーム?

  6. 猛暑でレールが曲がる事態も JR北海道でかつて運行された「散水車」が必要になるかもしれない

  7. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  8. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

  9. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  10. 【松井一郎 維新伝心】ペロシ氏訪台と「安倍元首相の遺志」 維新代表選は〝筋書きのないドラマ〟 内閣改造「旧統一教会隠し」目先の支持率回復ではダメ

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ