あの韓国でさえも「QUAD」の功績評価 「レガシーをたたえる」米仏紙など世界で安倍晋三氏の称賛相次ぐ1/2ページ

安倍首相はホワイトハウスでトランプ大統領と共同記者会見を行った=2017年2月(肩書は当時)
安倍首相はホワイトハウスでトランプ大統領と共同記者会見を行った=2017年2月(肩書は当時)

安倍晋三元首相の悲報を受け、海外メディアによる称賛の声が止まない。安倍氏が提唱した「自由で開かれたインド太平洋」構想は、権威主義国家に対峙(たいじ)する自由主義諸国の戦略の礎となった。国際秩序を守ろうとした、世界的リーダーの功績を高く評価しているようだ。

「安倍氏のレガシーをたたえる」

米紙ワシントン・ポストは12日付で、こうした社説を掲載した。

社説は「日本とその民主主義を守ることは彼の職務を定義づける使命だった」と指摘したうえで、「米国と他の民主主義諸国は日本の軍事力を正当化することを支持すべきだ」と、安倍氏の悲願である憲法改正によって、日米同盟がさらに強化される重要性を唱えた。

同紙の9日付には、ドナルド・トランプ前政権で大統領補佐官(国家安全保障担当)を務めたジョン・ボルトン氏が寄稿し、安倍氏の北朝鮮による拉致問題に対する姿勢が「ぶれることはなかった」と評価した。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  7. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  8. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ