スポーツ随想

相撲協会〝無策〟と言われても仕方ない 爆発的に広がる新型コロナの影響に「入場料半額返せ」 立行司の歴史的な大失態も1/2ページ

逸ノ城(左)に陸奥事業部長が賜杯を渡した=24日、ドルフィンズアリーナ
逸ノ城(左)に陸奥事業部長が賜杯を渡した=24日、ドルフィンズアリーナ

これほど惨憺たる場所は、かつて見たこともなかった。逸ノ城の初優勝で24日に終わった大相撲名古屋場所。7日目あたりから徐々に休場力士が増え始め、13日目は幕内で7人が休場したため、取組数がたった11番しかなかった。

爆発的に広がる新型コロナウイルスの影響とはいえ「入場料半額返せ」と言われても仕方ない状況だった。千秋楽は八角部屋の北勝富士の感染が判明し、十両以上の休場はけが人2人を含め23人と戦後最多。協会あいさつを終えた八角理事長(元横綱北勝海)は濃厚接触で職務を離れ、表彰式は陸奥事業部長(元大関霧島)が代役を務めた。

一つ屋根の下での団体生活が大前提だけに、各部屋とも細心の注意を払っていたとはいえ、コロナは容赦なく襲ってくる。部屋に1人でも陽性者が出れば濃厚接触として全員が出場できなくなる。

ある若手の親方からは「安心、安全はわかるが、同じ部屋でも複数回検査して陰性なら出場させてもいいのではないか」の声。夏の甲子園大会では、チームに陽性者が出た場合、個別の事案と判断されればチームの参加は差し止めず、試合2時間前まで選手の入れ替えを可能にしている。

ただ、ことし2月、初場所が終わった気の緩みからか場所後の花相撲が発端となって力士ら約250人が感染している。場所後でもこうなのに、本場所中の感染率が高まるのは当然。7日目に大関御嶽海が感染した時点で、後半の感染爆発は十分予測できたはずで、どっちにしても〝無策〟といわれても仕方ない。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. オープンキャンパス、相次ぎ再開 第7波の影響で大学側の判断分かれる オンラインで参加「ハイブリッド」開催も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ