元SMAPの決意がみえるNHK・Eテレ教育バラエティー番組「ワルイコあつまれ」 事務所退社後の「仕打ち」に民放局に呼ばれても戻る気はない?1/2ページ

いい大人になった彼らの進むべき道とは
いい大人になった彼らの進むべき道とは

元SMAPの稲垣吾郎(48)、草彅剛(48)、香取慎吾(45)による「新しい地図」の3人が出演するNHK・Eテレの教育バラエティー「ワルイコあつまれ」。この番組が持つ意味は何か。芸能文化評論家の肥留間正明氏が迫る。

7月16日の放送は「国宝だって人間だ!」がテーマ。ゲストは人間国宝で琵琶奏者、奥村旭翠(71)だった。厳格で近寄りがたい雰囲気の奥村だが、「人間国宝の連絡をもらったとき、どんな気持ち?」との質問には「やったーとガッツポーズをしました」と気さくな返事。スタジオ内の硬い雰囲気は一気に氷解した。

香取と子供たちがゲストの記者会見に臨む「子ども記者会見」の一幕。ここでは、人の懐にスッと入り込む香取らの人間力が垣間見える。稲垣も、草彅も独特の空気感を生かしたコントに取り組んでいる。

まさに30~40代には懐かしい感じの往年のSMAP感だが、Eテレということで若い層や高齢層にもアピールできる。同じお笑い芸人と同じ内容のバラエティー番組に飽きた老若男女の誰でも受け入れることができる番組になっている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  4. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  5. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  6. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  7. 【サクラと星条旗】拡大する日米間のギャップ 最高のプレーのために常に最新技術を追求するMLB 佐々木朗希の育成・起用法の背景に米国流スポーツ科学

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  10. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ