新書のきゅうしょ

アンソロジストがいてこそ引き継がれてきた名作パズル 「aha!Insight ひらめき思考」 マーチン・ガードナー著(日経サイエンス社)1/2ページ

「aha! Insight ひらめき思考」表紙
「aha! Insight ひらめき思考」表紙

私がマーチン・ガードナーに出会ったのは、小さい頃から大好きだったマジックに関する解説書の著述者としてだった。小学6年から読んでいた雑誌「奇術研究」の広告欄にM・ガードナー著『マッチの即席奇術』とあった。「奇術研究」は1970年代初頭で500円したから小学生の小遣いでは精いっぱい。他に買うゆとりもなく指をくわえて広告を眺めるしかなかったが、海外では素材を特定する奇術の解説書まであるのかとため息をついたもの。

彼は、一般的には「サイエンティフィック・アメリカン」誌で25年も連載が続いた名物コラム「数学ゲーム」の執筆者として著名。著述家として扱う範囲は広く、娯楽数学、マジック、パズルから疑似科学批判まで及ぶ。「aha!Insight ひらめき思考」は、解決にひらめきを要する数理パズル名作・古典のアンソロジー。翻訳書が出た数年後に新書判として再刊されたのが本書だ。

「コップの中のコイン」というパズルでは、まず「三個の細長い空のコップに十一枚の銅貨をどのコップも奇数になるように入れてみて」とのお題が出される。これは、例えば3枚と7枚と1枚など幾らでも答がある。しかし「十枚の銅貨でやはり奇数枚ずつ分けて入れられるか?」と問われると一気に難しくなる。解は「一個のコップにもう一個を重ねる」。それぞれのコップに1枚、2枚、7枚を入れて1枚入れたコップと2枚入れたコップを重ねればよい。一つの集合の一部分または全体は、別の集合に含まれて二重に数えられると解説される。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

  9. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  10. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ