日本の解き方

コロナ「第7波」で感染最多も死亡率や重症化率は低下傾向 季節性インフルエンザ並み、感染者の全数把握必要なのか1/2ページ

国内の新型コロナウイルスの感染者が過去最多を更新している。政府は行動制限を行わない方針としているが、医療が逼迫(ひっぱく)している自治体も増えているとの報道もある。

これまで新規感染者数でみると、今回は「7波」となる。これまでの波で、死亡率(死亡者数/感染者数)は第1波が5・7%、第2波が1・0%、第3波が2・2%、第4波が1・6%、第5波が0・4%、第6波が0・2%だった。

重症化率(重症者数/感染者数)は、第1波はデータがないが、第2波は21・6%、第3波が24・5%、第4波が24・9%、第5波が12・5%、第6波が1・3%だった。

厳密にはそれぞれの波の性格が違うため一定の補正が必要なので、素データでみるのはやや適切でないところもあるが、おおよその傾向は出ている。

大ざっぱにいえば、各波の違いは変異株に置き換わった結果であるが、変異すればするほど感染力は強くなるが、死亡率や重症化率は低下する傾向のようだ。第7波では、季節性インフルエンザとあまり変わらないと話す専門家も少なくない。

世界の状況をみると、先進7カ国(G7)では、日本での第6波あたりが最大になっている。人口比であるが今の日本の新規感染者数の1・3~4倍程度だった。

第7波は日本を除くG7諸国では第6波ほどではなく、フランス、イタリア、ドイツは低下局面に入っているので、日本がG7でトップになるのは時間の問題だ。といっても、重症化率や死亡率を考慮すると、大騒ぎする必要はないだろう。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

  9. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  10. 深夜にお色気ドラマ乱発、一方で純愛回帰も TV局が対照的な戦略を進める事情

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ