スクープ最前線

中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか 1/3ページ

バイデン大統領(AP)と習主席(ロイター)
バイデン大統領(AP)と習主席(ロイター)

米国と中国が、台湾問題で極度に緊張している。ジョー・バイデン米大統領と、中国の習近平国家主席が7月28日に行った電話首脳会談でも激しい応酬があり、中国当局は同30日、台湾に近い福建省福州市・平潭島の周辺海域で実弾射撃訓練を行うとして船舶の進入を禁じた。米原子力空母「ロナルド・レーガン」を中心とする空母打撃群は同月末、南シナ海に入った。「台湾有事は日本有事であり、日米同盟の有事でもある」と警戒していた安倍晋三元首相の不可解な暗殺事件と、ナンシー・ペロシ米下院議長の「台湾訪問」計画の関係とは。岸田文雄政権は「真実」を公開するのか。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情報に迫った。

「台湾周辺で、米中軍事衝突の危機が高まっている。米国と日本、台湾の防衛当局は、異常なまでに緊張している」

外事警察関係者はこう語った。

ご承知の通り、バイデン氏と習氏による米中電話首脳会談は7月28日、2時間17分間も行われた。両者は台湾などで激論を交わした。最大の焦点は、ペロシ氏が計画している「8月上旬の台湾訪問」だった。

習氏は声を荒らげ、拳をデスクにたたきつけ、「外部勢力の干渉に断固反対する」「火遊びをすれば必ず焼け死ぬ」と激高した。

下院議長は、大統領が執務不能になった際の継承順位が副大統領に次ぐ要職である。中国は、ペロシ氏の訪台は「米国が、従来の『曖昧(あいまい)政策』を捨て、事実上、『台湾防衛への直接介入』を宣言する歴史的場面になる」と警戒していた。

防衛省関係者は「米国と中国、台湾とも、高度な警戒態勢に入っている。中国共産党機関紙、人民日報系『環球時報』の前編集長が『(ペロシ氏の搭乗機を)撃ち落とせ』と英語でツイートした後、削除した。中国は水面下でもホワイトハウスを脅し、『台湾も攻撃する』と言っていた。米国は、ペロシ氏が台湾入りする場合、『ロナルド・レーガン』空母打撃群を派遣し、戦闘機部隊を護衛出動させる。一触即発の危機的状態だ」と語った。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「韓国軍によるベトナム戦時民間人虐殺」を目撃したベトナム人が韓国法廷で初証言 何が語られたのか

  2. 支持率25%、尹政権100日で目立つ迷走ぶり 徴用工「早期に解決」、対北「平和定着」 頼みの日本に「すり寄りも妥協すべきでない」

  3. 電通の〝ドン〟高橋治之容疑者の逮捕で暗雲 札幌冬季五輪招致、安倍元首相国葬への影響は必至

  4. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  5. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  6. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  7. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  8. 【テレビ用語の基礎知識】『オモウマい店』の人も思わず心配に…〝頼りなさそうな若者テレビマン〟は優秀な「取材者」なのでは?

  9. 「強硬」と「融和」岸田政権の対中政策 浜田防衛相が駐日米大使と会談 一方で国家安全保障局長は中国訪問外交担当トップと会談 「外交ルートにねじれ」識者

  10. 【艶グラドル】高橋凛、これが〝大人美ボディー〟 Iカップバストに筋トレで鍛えた腹筋

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ