五社英雄 華麗なる映像の世界

「丹下左膳」 家宝「こけ猿の壺」めぐるスピード感に遊び心、淡路恵子や松尾嘉代のお色気も1/2ページ

映画公開の直後に淡路恵子(右)と再婚した萬屋錦之助
映画公開の直後に淡路恵子(右)と再婚した萬屋錦之助

五社英雄は「丹下左膳」を2度、演出している。1作目は1966年、五社が初めて東映に招かれて撮った映画「丹下左膳 飛燕居合斬り」だ。

物語の舞台は、八代将軍吉宗の世。政の黒幕・愚楽老人(河津清三郎)は柳生藩取り潰しを狙って、日光東照宮改修を命じる。柳生対馬守(丹波哲郎)は家宝「こけ猿の壺」に秘められた百万両で資金を賄うことを決意。だが壺はひょんなことからちょび安(金子吉延)の手に。そこに現れたのは、愛刀濡れ燕と飛燕居合斬りで悪を討つ隻眼隻手の剣士、丹下左膳(中村錦之助)だ。壺を巡って生真面目な柳生源三郎(木村功)、盗賊のお藤(淡路恵子)、与吉(藤岡琢也)、公儀隠密による争奪戦が繰り広げられる。

五社が起用された理由は、「三匹の侍」で見せたスピード感と予算内で作り上げる新感覚の画だったという。お藤が走りながら帯を解き、肌じゅばん1枚になって敵の目をひきつけたり、まるでラグビーのごとく壺を奪い合う場面など、躍動感があふれる。下緒を口にくわえてすっと刀を抜くときの錦之介の色っぽさもたまらない。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  6. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 【サクラと星条旗】拡大する日米間のギャップ 最高のプレーのために常に最新技術を追求するMLB 佐々木朗希の育成・起用法の背景に米国流スポーツ科学

  10. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ