中日「投手・根尾」の侍入り急加速! 大学・社会人選抜で完封 「能力の高い球を投げていた」栗山監督が絶賛1/1ページ

投球フォームも堂に入ってきた=1日、神宮球場
投球フォームも堂に入ってきた=1日、神宮球場

野球伝来150年プロアマ記念試合が1日、神宮球場で行われ、U23NPB選抜の根尾昂投手(22)=中日=が先発登板。1回無安打無失点で最速153キロをマークした。6月中旬の投手再転向からわずか1カ月半で長足の進歩。来年3月の第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表入りへ、まさかの急加速だ。

大阪桐蔭高時代の2017年神宮大会以来となる神宮のマウンドで、大学・社会人選抜を相手に格の違いを見せつけた。高校日本代表でチームメートだった蛭間(早大)、大阪桐蔭高の1学年先輩に当たる泉口(NTT西日本)らを完璧に封じ込めた。

試合後は「緊張感はもちろんありました。プロ野球がコロナで止まって、できるかどうかわからない中で先発と早い段階で言ってくださった。気持ちの準備もしていたし、プロとしてしっかり抑えないといけない。この舞台で投げさせてもらったことが感謝という気持ちですね」と笑顔。

約1カ月前から根尾の先発を明言していた栗山英樹監督(61)は、「みなさんが見ていた通り。ホントに能力の高い球を投げていたし、ボールが先行してもああいうピッチングになっていく。ナイスピッチングでした」と褒めちぎった。

今季途中の投手転向から12試合に登板し、防御率1・74。1イニングあたりの被安打と四球の合計を表すWHIPは0・68と出色の数字を示す。侍ジャパン関係者は「今回の試合から代表入りするとしたら、投手・根尾。それくらいのポテンシャルを秘めているし、後半戦でもっと成長していくはず」と絶賛する。

栗山監督は日本ハム監督時代の2018年ドラフトで根尾を1位指名。4球団競合で当たりくじを逃したものの、交渉権を得た中日や巨人、ヤクルトが遊撃手で評価していたのに対し、大谷翔平(現エンゼルス)に続く投打二刀流での育成を本気で考えていた。日の丸の指揮官となった今年7月にも、改めて「投手と野手、両方の可能性を考えてやりたい」と明言。プロ入り前から投手の才を見抜いていた栗山監督の期待を背負った久しぶりの先発マウンドで、根尾はさらなる覚醒への足がかりを得た。 (片岡将)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  7. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  8. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ