ノマドの窓~渡る世間はネタばかり~

猫好きの街「NYANAKATOWN」 飼育上の問題を相談できるネットワーク1/2ページ

ニャナカタウンは理想の猫暮らしが出来る街です
ニャナカタウンは理想の猫暮らしが出来る街です

猫好きに悪い人はいない――よく言われるフレーズだ。そしてこれを口にするのは、大抵が猫好きだ。猫好きが己のことを美化しているようでちょっと気恥ずかしい。

そこで私はこう言い換えるようにしている。

猫好きでいると、悪いことをする気にならない――これがいい。猫のおかげでやさしい暮らしに導かれているというニュアンスが気に入っている。そして何よりも事実である。猫にかまけて悪事に気が向かないのだ(※いつも猫を抱えて愛でているゴッドファーザー、ドン・コルレオーネという悪党もいたりするがそれはまた別次元の人ということで横に置いといて)。

さて「悪いことをする気にならない」と書いたが、同時に「猫にまつわる何かをしたくなる」というのも本当だ。それは、癒やしをくれること、こんなダメな人間と暮らしてくれていることへの御礼と言ってもいい。毎日の生活のうちの何%かを『猫活動』に当てることで猫にお返しをする。

私の場合、そのひとつは『毎日がネコ曜日』というタイトルのYouTube番組だ。スタートしたのは2021年の2月で、始まって以来、1年半の間、1日たりとも休んだことがない。今のところ約550日連続で「猫映像」をアップし続けている。

平日は、私と、猫好きで知られる女優の川上麻衣子さんと、やはり猫愛あふれるスタッフ、かずえさんが2曜日ずつ分担して〝愛しの猫暮らし〟の様子を発信。日曜だけはスペシャル版として、私と川上さんが司会進行を務める〝猫好きさんいらっしゃい!〟テイストのゲストトーク番組だ(ぜひ「毎日がネコ曜日」で検索して御覧いただきたい)。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  7. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  8. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 【壇蜜のもっとハァハァしてる?】「きれいな体で…」高校卒業直前、忘れられない先生の一言

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ