総合司会・水卜ちゃん感染で「24時間テレビ」に暗雲 「『ZIP!』看板アナが複数となると…対策も一から見直しを迫られる」関係者1/2ページ

容体が心配だ
容体が心配だ

ついに、そのときが来てしまった。日本テレビの水卜麻美アナ(35)が新型コロナウイルスに感染し、1日から総合司会を務める「ZIP!」を欠席することになったのだ。これは水卜アナの笑顔に元気をもらっている人ががっかりするだけでは済まない。水卜アナといえば、日本テレビの〝朝の顔〟として八面六臂(ろっぴ)の活躍ぶりだっただけに、夏の風物詩である〝あの番組〟にも影響を与えることは必至なのだ。

1日の朝、本来なら冒頭から「ZIP!」に登場するはずの水卜アナの姿がなかった。代わりに出演した田中毅アナ(43)が、水卜アナに加え、山本紘之アナ(33)、石川みなみアナ(26)の3人がコロナに感染したことを伝え、「1週間ほどお休みとなります」と説明したのだった。

「もちろん、これだけ第7波で感染者が増えているので、仕方がないといえば、仕方がない話。水卜アナも『ZIP!』に加え、『有吉ゼミ』などのバラエティー番組やオードリーの若林正恭との『午前0時の森』、さらに音楽特番と引っ張りだこだけにいずれ感染する恐れはありました。しかし、同じ番組で一気に3人もアナウンサーが感染したことが重要視されているようです」とは民放関係者の声だ。

「総合司会の水卜アナに加え、山本アナがスポーツ担当、石川アナがエンタメ担当とあって、番組の一部だけで感染があったというわけではないのです。番組全体でさらに感染者が広がりかねない事態といっていいでしょう」と続ける。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「韓国軍によるベトナム戦時民間人虐殺」を目撃したベトナム人が韓国法廷で初証言 何が語られたのか

  2. 支持率25%、尹政権100日で目立つ迷走ぶり 徴用工「早期に解決」、対北「平和定着」 頼みの日本に「すり寄りも妥協すべきでない」

  3. 電通の〝ドン〟高橋治之容疑者の逮捕で暗雲 札幌冬季五輪招致、安倍元首相国葬への影響は必至

  4. 「強硬」と「融和」岸田政権の対中政策 浜田防衛相が駐日米大使と会談 一方で国家安全保障局長は中国訪問外交担当トップと会談 「外交ルートにねじれ」識者

  5. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  6. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  7. エンゼルス大谷〝大爆発〟27号2ラン含む5打数4安打4打点 キャリア4回目の安打数、勝敗すら吹き飛ばす猛打ぶり

  8. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  9. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  10. 土田晃之が絶叫!オードリー春日の〝モンスターぶり〟 帯レギュラーないのに上半期テレビ番組出演本数ランクで3位 「朝から夜までロケだと効率悪い」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ