最新国防ファイル

海自保有の「タンカー」が誕生、油槽船「YOT―01」 製油所や貯油施設から遠隔地の陸上基地へと燃料運搬1/2ページ

海自の油槽船「YOT―01」
海自の油槽船「YOT―01」

海上自衛隊に、これまでなかった新しい艦種が誕生した。それが油槽船だ。簡単に説明するならば、海自が「タンカー」を保有するということ。

これまでも補給艦という艦種は配備してきた。洋上にて護衛艦へと燃料や真水などを補給することを任務としている。そのため、現在配備されている「ましゅう」型補給艦は、護衛艦と同じガスタービンエンジンを搭載し、艦隊行動できるようになっている。また、敵との交戦も想定されることから、軽微な対空兵装を有する。

海自の油槽船「YOT―01」
海自の油槽船「YOT―01」

新たに配備する油槽船は、補給艦とは違い、製油所や貯油施設から遠隔地にある陸上基地へと燃料を運搬することを任務としている。

例えば、中国が南西諸島部に侵攻してきた場合、平時のように民間タンカーを使って沖縄本島へと燃料を運ぶことは困難だ。民間人を戦禍に巻き込むわけにはいかないからだ。これまで民間委託してきた硫黄島や南鳥島など、本土から遠く離れた基地への燃料輸送業務も海自が独自に行いたい。これが油槽船配備の理由だ。

2022年4月22日、最初の油槽船が、呉基地(広島県呉市)へと配備された。船名はない。その代わりに、港内支援船を示すYardのYと燃料船を示すOilerのO、TankerのT、1番船であることを示す01を足して「YOT―01」と呼ぶ。これが実質的な船名となっている。

2番船である「YOT―02」も建造されており、今後は2隻体制で、燃料などを各所へと運搬していく。いずれとも「新来島波止浜どっく」(愛媛県今治市)で建造され、費用は、1隻約28億円。これが同社にとって、防衛省向け艦船の初受注となった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「韓国軍によるベトナム戦時民間人虐殺」を目撃したベトナム人が韓国法廷で初証言 何が語られたのか

  2. 支持率25%、尹政権100日で目立つ迷走ぶり 徴用工「早期に解決」、対北「平和定着」 頼みの日本に「すり寄りも妥協すべきでない」

  3. 電通の〝ドン〟高橋治之容疑者の逮捕で暗雲 札幌冬季五輪招致、安倍元首相国葬への影響は必至

  4. 「強硬」と「融和」岸田政権の対中政策 浜田防衛相が駐日米大使と会談 一方で国家安全保障局長は中国訪問外交担当トップと会談 「外交ルートにねじれ」識者

  5. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  6. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  7. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  8. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  9. 【艶グラドル】高橋凛、これが〝大人美ボディー〟 Iカップバストに筋トレで鍛えた腹筋

  10. 明石家さんま発言にSMAPファン〝失望〟 香取と共演も「木村に会いすぎてるから、気ぃつかうのかなぁ」より深い溝が見えただけの結果に

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ