心肺停止の中国

ハイブリッド戦争の最終目標、米中露が狙う「メタバース」軍事利用 「孫子の兵法」から中国に強みも身の丈に届かない「モラル」1/2ページ

習主席は、空母「福建」の進水式を欠席したという=6月17日、上海市(共同)
習主席は、空母「福建」の進水式を欠席したという=6月17日、上海市(共同)

中国海軍の3隻目の空母「福建」の進水式(6月17日)は、ハコモノだけのお目見え。習近平国家主席は式典を欠席した。搭載される戦闘機はステルス性を高め、ミサイル装備を充実させる。しゃかりきになって米軍をしのぐ姿勢を示している。

宇宙では、一部技術で米国を凌駕したのも事実だが、米国は「宇宙軍」を創設して本格的に宇宙戦争に備える。ハッカーはヤラレッぱなし状態から、米国はおっとり刀で先制攻撃型へ移行する。

インターネットは米軍の指揮系統連絡網が発明のヒントだった。ビットコインは暗号アルゴリズムの成果、もともとが軍の秘密通信、すなわち暗号技術の応用である。

火薬も銃も砲も大型船も「戦争の進化」から生まれた。開発に遅れたら敗北が待っていたからだ。古今東西「戦争は発明の母」である。

産業革命は、軍事分野から汎用(はんよう)性のある技術を民間に転用し、経済活動の裾野を広げてきた。中国は民間転用で決定的に遅れている。

ハイブリッド戦争(=中国のいう『超限戦』)の最終目標は、敵の認識領域に強い影響を与えること、相手の判断を誤らせることにある。「フェイク」「逆宣伝」「偽造フィルム」などで敵指導者の誤断を導き、敵の認識を錯綜(さくそう)、転換させる極めて高等な戦争の手段だ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「韓国軍によるベトナム戦時民間人虐殺」を目撃したベトナム人が韓国法廷で初証言 何が語られたのか

  2. 支持率25%、尹政権100日で目立つ迷走ぶり 徴用工「早期に解決」、対北「平和定着」 頼みの日本に「すり寄りも妥協すべきでない」

  3. 電通の〝ドン〟高橋治之容疑者の逮捕で暗雲 札幌冬季五輪招致、安倍元首相国葬への影響は必至

  4. 「強硬」と「融和」岸田政権の対中政策 浜田防衛相が駐日米大使と会談 一方で国家安全保障局長は中国訪問外交担当トップと会談 「外交ルートにねじれ」識者

  5. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  6. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  7. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  8. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  9. 明石家さんま発言にSMAPファン〝失望〟 香取と共演も「木村に会いすぎてるから、気ぃつかうのかなぁ」より深い溝が見えただけの結果に

  10. 【艶グラドル】高橋凛、これが〝大人美ボディー〟 Iカップバストに筋トレで鍛えた腹筋

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ