深田恭子の〝健康美〟復活、気になる結婚との相関は? 激ヤセぶりから一変 破局危機報道後の動向に注目集まる1/2ページ

元気な深キョンが一番だ
元気な深キョンが一番だ

先月、写真週刊誌「FRIDAY」で新作ドラマの撮影現場をキャッチされた女優、深田恭子(39)。その姿は以前のような健康美にあふれていたというから、まさに女優として〝完全復活〟といったところだが、となると気になるのが私生活の動向だ。

同誌によると、深田は7月中旬に都内で、昨年5月に適応障害で休養を発表して以来、久々となるドラマ撮影に臨んでいた。現場では一時期、危惧されていた激ヤセぶりからは一変し、健康的な美しさを放っていたという。

深田といえば、3年半ほど前から不動産会社社長の杉本宏之氏との交際が伝えられており、今年の元日には一部で「年内にも結婚か」とも報じられている。

そんな中、今年5月には、たび重なる深酒と朝帰りを超えた〝昼帰り〟に杉本氏が激怒して別れを切り出すも、深田が謝罪し、何とか破局を回避したという〝破局危機〟報道が女性誌で報じられて注目された。

民放テレビ局の情報番組スタッフは語る。

「深田さんの酒好きは以前から広く知られています。一方、記事ではやたらと杉本さんをアゲて深田さんをサゲていること、ほぼ当人同士しか知り得ない情報が盛りだくさんであることもあり、杉本さんに近い人物のリーク説も噂されました。中には『深田のサゲ記事は、2人が破局しても杉本氏が悪者にならないようにするための予防線では?』なんて見方もあったほどです。杉本さんは会社の上場準備を進めていますしね」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「韓国軍によるベトナム戦時民間人虐殺」を目撃したベトナム人が韓国法廷で初証言 何が語られたのか

  2. 支持率25%、尹政権100日で目立つ迷走ぶり 徴用工「早期に解決」、対北「平和定着」 頼みの日本に「すり寄りも妥協すべきでない」

  3. 電通の〝ドン〟高橋治之容疑者の逮捕で暗雲 札幌冬季五輪招致、安倍元首相国葬への影響は必至

  4. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  5. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  6. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  7. 「強硬」と「融和」岸田政権の対中政策 浜田防衛相が駐日米大使と会談 一方で国家安全保障局長は中国訪問外交担当トップと会談 「外交ルートにねじれ」識者

  8. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  9. 【テレビ用語の基礎知識】『オモウマい店』の人も思わず心配に…〝頼りなさそうな若者テレビマン〟は優秀な「取材者」なのでは?

  10. 明石家さんま発言にSMAPファン〝失望〟 香取と共演も「木村に会いすぎてるから、気ぃつかうのかなぁ」より深い溝が見えただけの結果に

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ