列島エイリアンズ

訪日外国人編(1) 観光客受け入れ再開で爆買い期待膨らむも…現状空振り 同時期に再開した韓国にボロ負け状態1/3ページ

外国人観光客が皆無の銀座=東京都中央区
外国人観光客が皆無の銀座=東京都中央区

国際社会での地位が低下する日本を、外国人労働者が続々と後にしている。そんな「ジャパン・パッシング現象」が、観光客にも広がりつつある。

コロナ禍で最も深刻な打撃を受けた産業の1つが観光関連産業だ。なかでも宿泊事業者やインバウンド事業者などが、首を長くして待っているのが、訪日外国人が再び戻ってくることだ。

2019年、訪日外国人数は約3200万人を記録し、その消費額の合計は約5兆円に達していた。訪日外国人は、観光関連産業のみならず、日本経済全体にとっても大きな存在だった。

しかし、翌年からのパンデミックにより、そのほぼすべてを失うこととなった。そして事業者らにとっての暗闇の2年あまりが経た今年6月10日、政府は外国人観光客の受け入れを再開した。感染リスクの低い98カ国からの団体旅行に限り、観光目的での入国が可能になった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「韓国軍によるベトナム戦時民間人虐殺」を目撃したベトナム人が韓国法廷で初証言 何が語られたのか

  2. 支持率25%、尹政権100日で目立つ迷走ぶり 徴用工「早期に解決」、対北「平和定着」 頼みの日本に「すり寄りも妥協すべきでない」

  3. 電通の〝ドン〟高橋治之容疑者の逮捕で暗雲 札幌冬季五輪招致、安倍元首相国葬への影響は必至

  4. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  5. 「強硬」と「融和」岸田政権の対中政策 浜田防衛相が駐日米大使と会談 一方で国家安全保障局長は中国訪問外交担当トップと会談 「外交ルートにねじれ」識者

  6. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  7. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  8. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  9. エンゼルス大谷〝大爆発〟27号2ラン含む5打数4安打4打点 キャリア4回目の安打数、勝敗すら吹き飛ばす猛打ぶり

  10. 「自業自得」匂わせる一部メディアの異常な発信 安倍元首相暗殺から1カ月以上、誰が被害者で誰が加害者なのか 政治学者・岩田温氏が緊急寄稿

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ