実況・小野塚康之 時代を越える名調子

夏の甲子園観戦記 きょう開幕 圧倒的な優勝候補・大阪桐蔭を阻む3投手 聖望学園・岡部、横浜・杉山、九州国際大付・池田1/3ページ

今春センバツを制した大阪桐蔭。史上初の3度目の春夏連覇はなるか
今春センバツを制した大阪桐蔭。史上初の3度目の春夏連覇はなるか

第104回選手権大会が開幕しました。代表校の中で新型コロナの影響が出始めたため、開会式は当初の予定を変更し主将だけの参加となりましたが、3年ぶりに多くのチームのユニフォームが場内を行進できたことにホッとする思いでした。さあ、深紅の優勝旗を目指す戦いの始まりです。私なりに優勝の行方を占います。

優勝候補筆頭は文句なしで大阪桐蔭です。夏の代表までの足跡を振り返れば圧倒的な強さが分かります。大激戦の大阪大会7試合を大差で勝ち抜き総得点が54、一方総失点は1点だけという一分の隙もない勝ち上がり方です。秋の明治神宮大会、センバツを制しこの夏の選手権を取れば3大会連続V、学校としては史上初の3度目の春夏連覇達成です。対抗馬を探すのは難しいですが、勝ち負けに持ち込むには投手が、戦略的で強力な大阪桐蔭打線を抑え込むことが大前提となります。予選のピッチングが光った3投手に注目しました。

目を引くのは決勝戦を1―0で完封した投手です。夏の大会で都道府県予選を勝ち抜くには相当な体力が必要です。連戦や激戦も多く、温暖化による猛暑酷暑を考え合わせると特に投手は激しく消耗します。その中で、決勝戦をこのスコアで投げ切った投手は真の力があると思います。最後の最後でベストパフォーマンスを尽くし得点を許さず、味方の最少援護点で勝ち切るたくましさは大阪桐蔭を苦しめるかもしれません。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「韓国軍によるベトナム戦時民間人虐殺」を目撃したベトナム人が韓国法廷で初証言 何が語られたのか

  2. 支持率25%、尹政権100日で目立つ迷走ぶり 徴用工「早期に解決」、対北「平和定着」 頼みの日本に「すり寄りも妥協すべきでない」

  3. 電通の〝ドン〟高橋治之容疑者の逮捕で暗雲 札幌冬季五輪招致、安倍元首相国葬への影響は必至

  4. 「強硬」と「融和」岸田政権の対中政策 浜田防衛相が駐日米大使と会談 一方で国家安全保障局長は中国訪問外交担当トップと会談 「外交ルートにねじれ」識者

  5. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  6. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  7. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  8. 明石家さんま発言にSMAPファン〝失望〟 香取と共演も「木村に会いすぎてるから、気ぃつかうのかなぁ」より深い溝が見えただけの結果に

  9. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  10. 【艶グラドル】高橋凛、これが〝大人美ボディー〟 Iカップバストに筋トレで鍛えた腹筋

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ