マンガ探偵局がゆく

貸本ホラーはなぜ怖い? 雑誌にはない自由さが生んだ恐怖『[貸本怪談まんが]傑作選』1/2ページ

菊地秀行・編『[貸本怪談まんが]傑作選 妖の巻』(立風書房)表紙
菊地秀行・編『[貸本怪談まんが]傑作選 妖の巻』(立風書房)表紙

夏真っ盛りの暑気払いには怪談がぴったり。そこでこんな依頼を取り上げてみた。

「先日、久々の飲み会で、怖いマンガが話題になりました。私たち世代にとっての怖いマンガと言えば、貸本恐怖マンガです。雑誌にも恐怖マンガはありましたけど、そんなに怖くはなかったのです。ところが、貸本屋で借りてくるマンガにはトラウマになるほど怖いマンガがありました。貸本で描いていた人たちも、雑誌で描くようになると怖さが薄まったように感じました。その理由を探ってくれませんか。ついで、というのもなんですが、あの頃の貸本恐怖マンガを読むことはできるでしょうか?」 (目玉おやじ・60代)

貸本恐怖マンガの全盛期は1960年前後。怪奇ものの描き下ろし単行本のほかに、『怪談』『怪談ブック』『鬼』など、専門の短編集も登場して人気を競った。

いろいろ調べたところ、貸本マンガの版元はマンガ家の自由に任せていたから怖いホラーが生まれたということらしい。逆に、当時の雑誌編集者は「マンガは子どものもの」という固定観念から、子どもが怖がるような場面や残酷シーンを入れることをなかなか認めなかったので怖さが薄められた。

たとえば、水木しげるの代表的キャラクターである鬼太郎は、貸本時代には不気味なゆうれい族の子で、タイトルも『墓場鬼太郎』だった。雑誌に舞台を移すと正義の妖怪少年として悪い妖怪や悪い人間と戦うスタイルに変化。テレビアニメ化に伴いタイトルも『ゲゲゲの鬼太郎』に改められた。「良い子」の読者を意識するとそうなるのだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「韓国軍によるベトナム戦時民間人虐殺」を目撃したベトナム人が韓国法廷で初証言 何が語られたのか

  2. 支持率25%、尹政権100日で目立つ迷走ぶり 徴用工「早期に解決」、対北「平和定着」 頼みの日本に「すり寄りも妥協すべきでない」

  3. 電通の〝ドン〟高橋治之容疑者の逮捕で暗雲 札幌冬季五輪招致、安倍元首相国葬への影響は必至

  4. 「強硬」と「融和」岸田政権の対中政策 浜田防衛相が駐日米大使と会談 一方で国家安全保障局長は中国訪問外交担当トップと会談 「外交ルートにねじれ」識者

  5. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  6. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  7. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  8. エンゼルス大谷〝大爆発〟27号2ラン含む5打数4安打4打点 キャリア4回目の安打数、勝敗すら吹き飛ばす猛打ぶり

  9. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  10. 土田晃之が絶叫!オードリー春日の〝モンスターぶり〟 帯レギュラーないのに上半期テレビ番組出演本数ランクで3位 「朝から夜までロケだと効率悪い」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ