人気女優CMギャラリスト 長澤まさみ・新垣結衣は2000万円増、松嶋菜々子はダウン1/1ページ

ポストセブン
(左から)長澤まさみ、新垣結衣のCMギャラは?(時事通信フォト)
(左から)長澤まさみ、新垣結衣のCMギャラは?(時事通信フォト)

タレントの人気は日々変わるもの。“商品価値”が如実に表われるのが日々動く「CM出演料」である。『週刊ポスト』は大手広告代理店がCM交渉のために作成した「ギャラリスト」の最新版を入手した。憧れの人気女優たちは1本のCMでどのくらいギャラをもらっているのか。

まず“頂点”に君臨するのが「1億円~」という吉永小百合(77才)。吉永は『週刊ポスト』が同様のリストを2年前(2020年10月30日号)に入手した際、すでに1億円だった。

このすぐ下に位置しているのが宮沢りえ(49)、長澤まさみ(35)、新垣結衣(34)の3人。8000万~9000万円で並んだ。長澤・新垣はともに2016年の調査より2000万円増。その下に松嶋菜々子(48)、米倉涼子(47)、綾瀬はるか(37)、有村架純(29)らが並ぶ。上がる者あれば、下がる者あり──近年は露出が少ない松嶋は2000万円ダウンとなった。

高額なギャラが設定された女優に共通するのは、「バラエティ番組への出演が少ないこと」だ。

「バラエティ番組への出演は“諸刃の剣”と言えます。より多くの層に知名度が高まる点ではプラスですが、『あの女優がこのCMに出ている』という驚きが少なくなる。

8年ほど前に、『あまちゃん』出演後の有村架純さんが生理用品のCMに出演して“業界がざわついた”ことがありました。それは清純派でまさに売り出し中だった彼女を『よく起用できたな』という驚きです。そういうギャップが“商品価値”になるため、映画しか出演されないような女優さんはCM出演の価値が高くなりやすい」(同前)

※週刊ポスト2022年8月19・26日号

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「韓国軍によるベトナム戦時民間人虐殺」を目撃したベトナム人が韓国法廷で初証言 何が語られたのか

  2. 支持率25%、尹政権100日で目立つ迷走ぶり 徴用工「早期に解決」、対北「平和定着」 頼みの日本に「すり寄りも妥協すべきでない」

  3. 電通の〝ドン〟高橋治之容疑者の逮捕で暗雲 札幌冬季五輪招致、安倍元首相国葬への影響は必至

  4. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  5. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  6. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  7. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  8. 【テレビ用語の基礎知識】『オモウマい店』の人も思わず心配に…〝頼りなさそうな若者テレビマン〟は優秀な「取材者」なのでは?

  9. 「強硬」と「融和」岸田政権の対中政策 浜田防衛相が駐日米大使と会談 一方で国家安全保障局長は中国訪問外交担当トップと会談 「外交ルートにねじれ」識者

  10. 【艶グラドル】高橋凛、これが〝大人美ボディー〟 Iカップバストに筋トレで鍛えた腹筋

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ