コロナは「ただの風邪」ではない 米研究では「2回以上感染で死亡リスク2倍」のデータも1/2ページ

ポストセブン
日本では夏に入り新型コロナウイルスの新規感染者数が増加している(時事通信フォト)
日本では夏に入り新型コロナウイルスの新規感染者数が増加している(時事通信フォト)

新規感染者数が拡大する一方、政府は新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけを「第7波」収束後に「2類相当」から見直す方向だ。世間でも「1度感染したからもう大丈夫」「ワクチンを打ったから、またかかっても軽症だろう」という空気が広がっている。が、そう弛緩してはならないようだ。

2020年1月に国内初の感染者が確認されて以来、新型コロナの累計の新規感染者数は約1300万人に達した。

ワクチンの3回目接種が進んだこともあり、感染を経験した人々の間には「また感染しても軽症ですむだろう」という空気も広がっている。

だが油断は禁物である。都内在住の男性(45)は、「2回目のほうがキツかった」と語る。

「昨年6月に初めて感染しましたが、今年3月に3回目のワクチンを打って安心していたんです。しかし5月中旬に喉がイガイガして念のため検査したら再び陽性でした。39度の熱が3時間ほど出て、解熱剤を飲んだら収まった1回目の感染と比べて、2回目は38度の高熱が数日続いた上、夜中に喘息の発作のような咳が出て焦りました。幸い悪化はしませんでしたが、正直、2回目のほうが症状はひどかった。2回感染後には、嗅覚が昔と比べて鈍感になった気がします。複数回感染した場合の後遺症の情報はまだ見当たらないですし、本当に大丈夫なのかなと不安があります」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「韓国軍によるベトナム戦時民間人虐殺」を目撃したベトナム人が韓国法廷で初証言 何が語られたのか

  2. 支持率25%、尹政権100日で目立つ迷走ぶり 徴用工「早期に解決」、対北「平和定着」 頼みの日本に「すり寄りも妥協すべきでない」

  3. 電通の〝ドン〟高橋治之容疑者の逮捕で暗雲 札幌冬季五輪招致、安倍元首相国葬への影響は必至

  4. 「強硬」と「融和」岸田政権の対中政策 浜田防衛相が駐日米大使と会談 一方で国家安全保障局長は中国訪問外交担当トップと会談 「外交ルートにねじれ」識者

  5. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  6. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  7. エンゼルス大谷〝大爆発〟27号2ラン含む5打数4安打4打点 キャリア4回目の安打数、勝敗すら吹き飛ばす猛打ぶり

  8. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  9. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  10. 土田晃之が絶叫!オードリー春日の〝モンスターぶり〟 帯レギュラーないのに上半期テレビ番組出演本数ランクで3位 「朝から夜までロケだと効率悪い」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ