記事詳細

【今日から始める10万円株】日欧EPAが有望相場テーマに浮上「アーク」「コニカミノルタ」「日本板硝子」 (2/2ページ)

 まず、試作品や金型メーカーのアーク(7873)。海外売上比率7割超のうち、実に8割程度が欧州向け。今後は日欧EPAによって欧州向けがますます拡大しそうだ。株価は7月14日終値時点(以下同)で112円と低位にあり、1万円ちょっとで買える。

 株価が上昇トレンド転換の兆しを見せている情報機器メーカーのコニカミノルタ(4902)。欧州向け比率は4割弱。今期の想定レートは1ユーロ=115円と保守的で上方修正が期待できる。1単位9万5000円程度で購入可能だ。同じく購入額が10万円ギリギリだが、イタリアやポーランドなどで事業を拡大中の日本板硝子(5202)にも注目。株価も上値抵抗帯を抜けつつあり、今後の上昇に期待。(吉田礼音)

 【2017年7月19日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう